U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
 TBS昼の帯ドラマ、がきんちょ~リターン・キッズ~
9月になり番組内の設定だけではなく、リアルキッズの皆さんも夏休みが終わり、生で見られなくなりましたね。これで「大きなお友達」の視聴者と条件は一緒(むしろ、昼でもTVを見ていられる「大きなお友達」のほうが多いかも)
 でも、公式掲示板で「がきんちょ~リターン・キッズ~」を「がきリタ」と短縮するセンスは、さすがリアル小中学生。

 夏休み編最後の第25話では、ゆかた姿の幻の「ぱれっと」が「世界はぼくらを待っている」:CD化決定、を熱唱するという、なんともうれしい(・∀・)!!場面ありです。鈴木理子ちゃんの登場場面が現代編では少なくなるんで。
 最後の最後でタイムパラドックスらしいエピソードたくさんでてきて、現代編では関係者の記憶が変わっている?なんて、やっとタイムトリップ物らしい展開になりそうです。

 美山加恋ちゃん演じるももちゃんも、特に説明無しにラストシーンで唐突に2006年にタイムスリップしています。
27話でどう説明するんでしょう?

[ 「がきんちょ~リターン・キッズ~」現代編、始めました]の続きを読む
スポンサーサイト
テーマ→テレビドラマ / ジャンル→テレビ・ラジオ
.
 さらっと書きます。この夏、一番はまっちゃったドラマ、がきんちょ~リターン・キッズ~、夏休み終わるせいか、話の展開が速くなっています。まさか昼ドラマにこんなにはまるとは思ってもみなかった。
タッキー&翼の「Ho!サマー」がまさかこの夏のお気にいりソングNo.1になるなんて!

 でも、劇中設定の小学生アイドルユニット、「ぱれっと」のCDが発売ですか。(^.^)
やっぱりCD化希望のリクエスト多かったのかな?いいけど、カラオケで歌ったりしたら、思いっきり引かれそう。ここは、「Ho!サマー」で我慢します。というか、「Ho!サマー」も「♫テケテケテケテケ~」ベンチャーズっぽくて、わざとオールディーズっぽくしてるんでしょうが、親しみやすいなあ。

 今日のお話、2ちゃんねる実況中継板でも多くの住民が指摘していましたが、「ぼくらの七日間戦争」みたい(おまいら何歳なんだ!)
ぼくらの七日間戦争」は大東ミアにとってもかなり思い入れのある映画なんで、作り手側の意図はともかく、勝手に「ぼくらの七日間戦争」へのオマージュ回ということにしておきます。
 夏休みに子供たちが大人の知らない秘密基地に閉じこもる、いやあ、それってほんと、映画版「ぼくらの七日間戦争だなあ。

ぼくらの七日間戦争」は1988年(奇しくも「がきんちょ~リターン・キッズ」の舞台設定の年!)公開の作品で、宮沢りえちゃんの初主演作、同時上映は、これまた大東ミアが当時はまりまくっていたつみきみほちゃんの「「花のあすか組!
 うーん、まさか、18年後もアイドルファンやっているとは思ってもみなかった。絶対どこかで卒業すると思っていたのに。
江ノ島のイベントに行ったなあ。

 話を「がきんちょ~リターン・キッズ」に戻しますが、過去編、まとめるためか話が急展開です。過去編は今週で終わらせるとしてあと2話?
 ぱれっとのメンバーの件はどうなってるの?本当なら上杉まゆみちゃん選ばれなかった時点で見るのやめてもよかったけどストーリーが面白くて見ているのに。
 でも、現代編に鈴木理子ちゃんがでてこないとしたら、お疲れ様でした。面白かったです。
美山加恋ちゃんは9月以降も出るんですね、よかったよかった。
.
・TBSのドラマ30『がきんちょ~リターン・キッズ~』、先週の第20話では突然「ノストラダムスの大予言」が出てきて、「このお話は舞台が過去(18年前)なんですよ」というのを強調していましたが、確かに当時は(1988年?)小学生にも終末論・ハルマゲドンブームがありました。
もっともアメリカとソ連衝突、核戦争なんて、ソ連、1999年には存在していないしあんなインチキブームは2006年から見ると大笑いです。
 ところで、『がきんちょ~リターン・キッズ~』って、あまりタイムスリップ物という感じがしません。違う時代から来たらそれなりのエピソードあっていいはずなのに、なんかオオマチちゃん、すんなりとけこんでいて違和感無くて。

・第21話ではオオマチちゃん(辺見えみり)が子供たちに勉強教えていますが、夏休み物らしく定番の宿題のエピソードです。鈴木理子ちゃんは鉢巻というベタな扮装だけど、けっこうかわいかったりして。
・過去編は今週で終わりですがどう収拾つけるんですか?いきなり現れた大人がいきなり消えたらそれなりに事件なんだけど・・・・
ぱれっと」のメンバーの話もうやむやになりそうですし、携帯電話も消えたままだし。

・それより、マチちゃん(鈴木理子ちゃん)が見られなくなるのが悲しいなあ。辺見えみりさんに18年たつとはいえ、鈴木理子ちゃんの面影、これっぽっちも無いし。
・ももちゃん(美山加恋ちゃん)は現代編でも出るんだけど、18年前の世界では「人気小学生アイドル、謎の失踪!」みたいに騒動にならないのかな?
・オープニングテーマの「Ho!サマー」のシーンで海岸で遊ぶ主人公たち出てきますけど、夏休みの話なのに、今だに、海やプールのシーンが出てこない・・・・
1988年の大子町にはプールは無いのか!いや、別に、鈴木理子ちゃんや美山加恋ちゃんの水着が見たいとか、そういうことじゃなくて、夏休みのお話なんで・・・・・
マイメロディ」だって、海のエピソードあったのに・・・・

がきんちょ~リターン・キッズ~掲示板見ると、夏休みということもあってか、本来のターゲットであろう小中学生の書き込みが多いです。もうギャル文字使われると読みにくくて読みにくくて、途中であきらめました。
夏休み終わったら、ビデオ録画で見ます、という書き込み多いんで9月は視聴率落ちそう。


ブログランキングに参加してみました。
ポッチポチしてくれるとうれしくなるかも  (*^▽^*)  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。