U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
 TBS昼の帯ドラマ、がきんちょ~リターン・キッズ~
9月になり番組内の設定だけではなく、リアルキッズの皆さんも夏休みが終わり、生で見られなくなりましたね。これで「大きなお友達」の視聴者と条件は一緒(むしろ、昼でもTVを見ていられる「大きなお友達」のほうが多いかも)
 でも、公式掲示板で「がきんちょ~リターン・キッズ~」を「がきリタ」と短縮するセンスは、さすがリアル小中学生。

 夏休み編最後の第25話では、ゆかた姿の幻の「ぱれっと」が「世界はぼくらを待っている」:CD化決定、を熱唱するという、なんともうれしい(・∀・)!!場面ありです。鈴木理子ちゃんの登場場面が現代編では少なくなるんで。
 最後の最後でタイムパラドックスらしいエピソードたくさんでてきて、現代編では関係者の記憶が変わっている?なんて、やっとタイムトリップ物らしい展開になりそうです。

 美山加恋ちゃん演じるももちゃんも、特に説明無しにラストシーンで唐突に2006年にタイムスリップしています。
27話でどう説明するんでしょう?

[ 「がきんちょ~リターン・キッズ~」現代編、始めました]の続きを読む
スポンサーサイト
テーマ→テレビドラマ / ジャンル→テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。