U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
前半の続きです。

>>▽10年位前はエロという言葉がテレビ番組に堂々と出てくること自体ありえなかった。エロという言葉を子どもに使ったり、日常のなかに平気で飛び交っていることに違和感があり、嘆かわしく思う。
 どうも「エロ」というのは、エロ親父、エロジジイ、エロ本、エロビデオといった感じの、かなり卑猥なイメージが強いです。「エロティック」だったらおしゃれになるけど。
もちろん「エロカワ」で使われる「エロ」は、オヤジ系サブカルチャ-(スポーツ新聞、夕刊タブロイド紙、ヌードや風俗情報が載っている週刊誌、月刊誌、、読者を「お父さん」と呼んでいるような雑誌等)の文脈で使われる、下品でねっとりとしたいやらしい性的なニュアンスを含んだものではなく、単に「セクシー」や「コケティッシュ」程度の軽い意味でしかない、というのは十分わかってはいるんですけどね。
 でも、「エロカワ」と聞いたとき、使う側は「エロカワ」でひとつの意味を持つ言葉として軽く使っても、受け取り手側で「エロ」+「カワ」と分けてしまい、長い間使われている、旧来のオヤジ系サブカルチャーでの「エロ」のイメージを連想する人はまだ多いでしょう。

このブログでも、以前は「エロかわ」という単語に強い拒絶反応を示していましたが、今はかなり意図的に使いまくっています。
それは、今は無き「キャットモデルプロジェクト」についての記事を書くとき、どうしたってエロカワ」「エロかわ」「エロかっこいいという単語を使わないとうまく説明できなくて、それにU-15ジュニアアイドルのDVDの宣伝コピーにもたくさん使われだして、「妹 会田我路完全制覇」や「清純いもうと倶楽部」でも使われ、当然ながらお菓子系雑誌ではガンガン多用されるので、「エロカワ」という単語に慣れないとU-15の記事書きにくいなあ、ということで自分を鍛えました。


高見あいら&COCORO&鶴田里緒/Cat Model Project Vol.4



笠井綾那、RINA、奥居杏南/Cat Model Project Vol.12


 

 オヤジ系サブカルチャーの代名詞のような夕刊タブロイド紙、そのひとつ、日刊ゲンダイでもこんな記事があったりしました。
そういえば、一時女性をターゲットにした夕刊紙「東京レディコング」というものが発行されたけどすぐに廃刊になったりして。
[SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その5の2 「チビッ子エロかわダンス選手権」は子供の性の商品化!? 後半]の続きを読む
スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
もう2月も下旬です。週刊文春2007/02/22に続いてのBREAK Max/2007年/04月号コアマガジン元祖Tバック中学生 泉明日香が壮絶過去を告白 なんて記事もきたし、毎日新聞も児童ポルノの所持 (・A・)イクナイ! なんて記事出てくるし。

 もちろん、U-15ジュニアアイドルのグラビアが児童ポルノだなんて、そんな馬鹿馬鹿しい意見は無視してもいいのですが、結構世の中には「U-15のグラビアなんて、児童ポルノなんじゃないの?」という意見は多いので、このへんも気になっているところです。
 SPA!の記事の感想はいつまでも引っ張らないでさっさと書かないと。

20070102SPA3


ここ一年の間で起きた「過激路線」の勣き

 「現在の盛り上がりは、U‐15アイドル業界全体が『低年齢十エロ』という企画物として捉えられていることで成立している。企画色を売りにしたAVメーカーが凋落してしまったことで、ユーザーがこちらに流れ込んでいるようにしか思えない……」
 そう一刀両断するのは、アイドル事情に詳しい「切込隊長」こと山本一郎氏だが、この "私見"も実は信憑性が高そうなのだ。
 一連のUI15アイドルブームのそもそもの仕掛け人でもあり、入江紗綾を最初に手掛けたカメラマンの会田我路によると、業界の「過激路線」の波はこの一年前後に起きた潮流だという……。
 「私は今でもそうですが、チュッパチャップスもしゃぶらせないし、スクール水着すら着させない……。
やっぱり、少女は少女として、彼女たちの持つ素材の可愛らしさを切り取るのに腐心すべきなのです。
にもかかわらず、'05年の夏以降、AVの製作メーカーやプロダクションなどが、U-15アイドルの業界に続々と参入してきた・・・・。これによって、ローティーンのコたちが必然的にAVのような撮られ方をするようになったんです」
 確かに、ここ一年で「露出度」に関する振り幅は大きくなった。
中には、自主規制という形で初回プレス分のみで「発禁盤」になってしまった作品もあり、市場に出回ったわずかな初回分のDVDがネット上で高額売買されているケースまであるのだ。


 切込隊長がアイドル事情に詳しいとは勉強不足で知りませんでしたが、「ユーザーがこちらに流れ込んで」きたから?ユーザのせい?
会田我路氏のコメントには苦笑しますねえ。
>>チュッパチャップスもしやぶらせないし、スクール水着すら着させない……。

[SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その3 会田我路氏がAVメーカーの参入を憂う]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
去年10月発売の雑誌の感想、やっと今頃書いています。このペースだと、2007/01/13の「ジェネジャン緊急大激論!!未成年の性と生 」の感想なんて3月ぐらいになりそう。
 さて、FLASHの記事、最後のページは小林万桜ちゃんと吉沢真由美です。
万桜ちゃんは会田我路作品、吉沢真由美ちゃんは「天使の絵日記」シリーズの印象が強いです。いろいろなレーベルから作品出しているジュニアアイドルとは対照的です。よくいえば安定している、悪く言えばマンネリになりそうですが、同じシリーズで何作も出しているというのは、撮影側に対して信頼感があるからでしょうか。
 
この二人、最近「聖少女戦士 St.ヴァルキリー」という作品で共演していますね。



聖少女戦士 St.ヴァルキリー(DVD) ◆20%OFF!

では、本文へ。
[FLASH2006/10/24Jrアイドルブームその3 小林万桜&吉沢真由美ファミリー]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
 10/25に開店したアキバのラムタラアイドル館の2F入り口
に、11月出る予定の、ぶんか社会田我路さん撮影のDVDの
ポスターが張ってありましたが・・・・・
 佐々木舞ちゃんホットスタジオ所属の作品、手ブラでした。
 佐々木舞ちゃんのHPアイ・舞・魅 

佐々木舞/まい10歳(DVD) ◆20%OFF!
佐々木舞/まい10歳(DVD) ◆20%OFF!

 佐々木舞ちゃんがキャットモデルプロジェクトの作品に出るのは知っていましたが、というか関西つながり?

佐々木舞/Cat Model Project Vol.8 佐々木舞 小学5年生
佐々木舞/Cat Model Project Vol.8 佐々木舞 小学5年生

会田我路さんの作品に出るとは知らなくて
、しかも手ブラ・・・
 まだぶんか社のHPにも画像が出ていませんけど、やっぱり小学生手ブラって見た瞬間ドッキリしました。

 ぶんか社にまだ画像無かったので、ラムタラでパシャリ。
(※11/01確認したら画像付きの商品案内出てきました)
[佐々木舞ちゃん(5年生)の11月に出るDVDのジャケットは手ブラですか]の続きを読む
.
 6/18にラムタラ秋葉原店で購入した、スカイアクターズ東京の 
鮎川穂乃果ちゃんのCD写真集 上巻 下巻です。各2100円。

鮎川穂乃果11歳CD写真集 上巻


鮎川穂乃果11歳CD写真集 下巻


この生写真、特典じゃありません。ジャケット代わりです!CDケースの裏と表に生写真がペタッ。
そしてCD-Rは白い面そのまんま。文字一つプリントされていません!
すんごくチープ 。°°・(;>_<;)・°°。
 ジャケット、そりゃ無くてもかまわないけど、同じラムタラ店内で売られていたCD写真集のなかでもチープな部類でした。そりゃ紙でジャケット作ったらコストかかるかもしれないけど、素人が同人誌イベントで売るCD写真集だってもっとしっかりしてますよ。

6/18店頭で買ったCD-R、フォルダ作成日付が6/15でした。ぎりぎりじゃないか!素人の作業ですか?
いや、それでも画像さえきれいならいいんです。大事なのは、画像です・・・・・・・
「高画質」とうたっているし。
どれどれ


・・・・・・・(-_-;)・・・・・・・・

サイバーピクチャーズさん!
[鮎川穂乃果ちゃんのCD写真集あまりのチープさに・゜・(つД`)・゜・]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
 7/2の記事で、9月にまた新しいジュニアアイドルサイト「めっちゃいもうと」が出来る予定、と書いているんですが、8/23になったんでそろそろ情報チェックするか、と思って

めっちゃいもうと」 http://www.mecchaimouto.com(2006年9月開設予定)
クリックしてみたけど、なんか全然だめ。
 おかしいな、と思ってコアマガジンチェックしても、全然見つかりません。このチラシだと9月なんですがねえ・・・

めっちゃいもうとパンフレット表


めっちゃいもうと」は当初の予定ではチラシの女の子見ると、ハナブサスタジオ所属の女の子が多いようです。
高井みほちゃん、山口舞ちゃん、植野千尋ちゃん、鈴木絵美華ちゃん、杉野光希ちゃんの名前が見えます。
 それに岸波莉穂ちゃんが載っているし、充分会員になる検討の余地あるのに情報が無いのは残念だなあ・・・・・
[「めっちゃいもうと」は一体どうなったんですか?コアマガジンさん]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
へええ、また新しいU-15ジュニアアイドル雑誌プチガール』創刊ですか。
もう粗製濫造なんていいません。こうなったら10冊でも20冊でもどんどん出てください。バブルです
大東ミアはとことん付き合います。

 どうせなら、「デアゴスティーニ」で「週刊ジュニアアイドル」創刊、毎週毎週一人のジュニアアイドルを特集、ぐらいになったほうが面白いかも。

puchi girl



 表紙見ると、スカイアクターズ東京と、会田我路さん関連が新しいかも。2006年のこのU-15ジュニアアイドル雑誌ブームは、リアルタイム体験者としては面白くなってきたぞ! Sho-Boh創刊のときですら、

小学生アイドル専門グラビア誌
創刊キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


みたいな半分衝撃というか、blog界隈の世間的には「おかしいだろう!」なんて突っ込み多かったのですが、
いやいやいや、1年もたたないうちに

「U-12ジュニアアイドル、つまり小学生グラビア雑誌(水着表紙)が何誌も創刊、店頭に並ぶ!(〇o〇;)!」

こんな時代が来るなんて。2006年夏・・・・。
いったい来年までいくつ残ってるんでしょう?

 まあ、今回も書いておきますか。

 U-15ジュニアアイドルブームがきてますよ!

おさらい
[「Puchi Girl」創刊!いったいどこまで増えるU-15ジュニアアイドル雑誌!]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
前半よりの続きです。
 
昨年秋、同級生の女の子に突然、「あんた、グラビアでやってくの?」と聞かれた。「違う」と言いたかったけど、知らんぷりして家路を急いだ。
 学校では仕事のことは話さない。「普段通りの、フツーの小学生でいる」。広まってみんなにいろいろ聞かれたら面倒くさい。
 朝4時起きで始発使に乗り、羽田発の最終便でとんぼ返りする週末。上昇する旅客機のシートに小さな体を沈めては、つかの聞の眠りに落ちていく。
 一番気が休まるのは、自宅で寝そべってゲームをしたり、弟と遊んだりして過ごすときだ。
 4月からは中学生。仕事と学校の両立は今よりずっと大変になる。所属事務所から、東京の中学に来ないかと勧められた。その方が目標に近づけるとは思う。
 だけど、東京は空気が悪いし、人が多すぎて落ち善かない。何より、「いまはまだ、家族と離れて暮らすのは寂しい」。

歌って踊って、撮影会、握手会と続くイベント。紗綾の夢は有名な女優になること。その前に、3人組で歌手デビューを果たすのが今年の目標だ

いや、それはわかりますよ。別にグラビアアイドルを目指しているんじゃないことぐらい。
でも、ここまで否定的な記事にしなくてもいいのに。
>>楽屋に戻ると、1日で100人以上と握手した手のひらをウエットティッシュでふきとり、両手で腰をさすった。
うわあ、オタク相手の握手会はやってらんねえよ、ということですか。朝日としては。
[2006.01.03 朝日新聞 新連載 12歳の「いま」を見る 1回目 ハタラクより 紗綾]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
前半よりの続きです。
 
昨年秋、同級生の女の子に突然、「あんた、グラビアでやってくの?」と聞かれた。「違う」と言いたかったけど、知らんぷりして家路を急いだ。
 学校では仕事のことは話さない。「普段通りの、フツーの小学生でいる」。広まってみんなにいろいろ聞かれたら面倒くさい。
 朝4時起きで始発使に乗り、羽田発の最終便でとんぼ返りする週末。上昇する旅客機のシートに小さな体を沈めては、つかの聞の眠りに落ちていく。
 一番気が休まるのは、自宅で寝そべってゲームをしたり、弟と遊んだりして過ごすときだ。
 4月からは中学生。仕事と学校の両立は今よりずっと大変になる。所属事務所から、東京の中学に来ないかと勧められた。その方が目標に近づけるとは思う。
 だけど、東京は空気が悪いし、人が多すぎて落ち善かない。何より、「いまはまだ、家族と離れて暮らすのは寂しい」。

歌って踊って、撮影会、握手会と続くイベント。紗綾の夢は有名な女優になること。その前に、3人組で歌手デビューを果たすのが今年の目標だ

いや、それはわかりますよ。別にグラビアアイドルを目指しているんじゃないことぐらい。
でも、ここまで否定的な記事にしなくてもいいのに。
>>楽屋に戻ると、1日で100人以上と握手した手のひらをウエットティッシュでふきとり、両手で腰をさすった。
うわあ、オタク相手の握手会はやってらんねえよ、ということですか。朝日としては。
[2006.01.03 朝日新聞 新連載 12歳の「いま」を見る 1回目 ハタラクより 紗綾]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。