U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
U-15ジュニアアイドルのグラビア過激化の話題では、「親は一体何を考えているんだ!」という意見が出てくるのは当然です。
中には「父親ロリコン説」を主張している人もいます。
「SPA!」の記事の前に、まずはそこから。

 「父親ロリコン説」を唱えているのは、2004年の時点で最近のジュニアアイドルのグラビアはいきすぎで性の商品化で問題あるからやめるべきだと指摘し、さらにミニモニ。のプロモビデオに出てくる牛乳は白い液体なので(ry ←ちょっと妄想じゃないか?
ハロプロファンから顰蹙を買った森岡正博氏です。

自分の性癖をカミングアウトしている「感じない男」より

少女たちの親は何を考えているのか

。写真集を見てやはり疑問に思うのは、この少女たちの親は、何を考えているのだろうということだ。もちろん、親が借金などの事情を抱えているケースや、脅かされているケースもあるだろう。しかしすべてがそうだとも思えない。親が承諾する理由は推測するしかないが、母親は、アイドルとして人目を引いて脚光を浴びていくだろう娘に、自分白身を重ね合わせて、女としての達成感を昧わっているのかもしれない。
 しかし父親はどうなのか。自分の娘が、こんなように性的に扱われても文句を言わないのか。だが、考えてみれば、九歳から一四歳の娘を侍つ父親と言えば、三〇代後半から、四〇代半ばであろう。つまり、これら写真集の少女たちの父親白身が、ロリコンである可能性があるのだ父親本人が、娘の画像に萌えているかもしれないのだ。このように考えると、やりきれない気侍ちになる。父親も母親も文句を言わず、少女本人は写真を撮られることがうれしい。ジュニアアイドル写真集やDVDは徐々に裾野を拡大し、社会全体のロリコン化を押し進めていくことになるだろう。



感じない男



この『感じない男』は相当話題になったようですが、リアルタイムでの反応見ていなかったのでコメント・感想はよく知りません。この本に去年の夏気づいたときにはもうすでに膨大な数の言及サイトがあってチェックする気力なし。ああ、かなり反響あったんだなあ、ぐらいはわかりますが。
[SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その5 「チビッ子エロかわダンス選手権」は子供の性の商品化!?]の続きを読む
スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
去年10月発売の雑誌の感想、やっと今頃書いています。このペースだと、2007/01/13の「ジェネジャン緊急大激論!!未成年の性と生 」の感想なんて3月ぐらいになりそう。
 さて、FLASHの記事、最後のページは小林万桜ちゃんと吉沢真由美です。
万桜ちゃんは会田我路作品、吉沢真由美ちゃんは「天使の絵日記」シリーズの印象が強いです。いろいろなレーベルから作品出しているジュニアアイドルとは対照的です。よくいえば安定している、悪く言えばマンネリになりそうですが、同じシリーズで何作も出しているというのは、撮影側に対して信頼感があるからでしょうか。
 
この二人、最近「聖少女戦士 St.ヴァルキリー」という作品で共演していますね。



聖少女戦士 St.ヴァルキリー(DVD) ◆20%OFF!

では、本文へ。
[FLASH2006/10/24Jrアイドルブームその3 小林万桜&吉沢真由美ファミリー]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。