U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
 秋葉原でU-15のイベントの多いショップTOP JAPAN、久しぶりに行って見ましたが、今までU-15ジュニアアイドル関連の商品扱っていた地下階、行こうと思ったら行けない、あらら、事務所にして、代わりに2Fを新たにアイドル関連のフロアにしていました。今月末リニューアルオープンするとか。
 雑誌・写真集は相変わらず1Fでも売っていて、「ハナチュー」「ラブベリー」「seventeen」といったティーンズ雑誌も、U-15ジュニアアイドル雑誌、お菓子系雑誌と一緒に売られています。そこまでやるなら、中学生路線の「ニコラ」や小学生路線の「ニコ☆プチ」も置いて欲しいな。

 2F、U-15ジュニアアイドル関連はコーナーということで全フロアではなく、18禁の着エロ関連も同じフロアで売られています。

 それはいいけど、U-15ジュニアアイドルコーナーに、西村理香が表紙の「少女公論」なんで置くかなあ?
Chu→Bohのバックナンバーと「少女公論」同じスペースで売られているのって、なんかすごくいや。
 お菓子系雑誌ならまだ許せるんですけど。

 別に西村理香や「少女公論」がだめということではないです。児童ポルノ禁止法施行以前は西村理香作品は18禁商品とは言え合法的に売られていたわけですし、「渋谷書店」や、「たちばな書店」、「えなじぃ」なら、そういうお店なんだ、と割り切れるんです。
 
 でも、TOPJAPANU-15ジュニアアイドル商品をアキバの中でも大幅にそろえイベントも行う店なのに、Uー15作品と18禁ロリコン雑誌を同じレベルで扱われると、なんか胸の奥で引っ掛かる物があるんですよ。
「U-15ジュニアアイドルファンなんて、しょせんロリコンだろう、いっしょに並べておけば買うよ m9(^Д^)プギャーッ」と言われているようで・・・・、被害妄想・・・
 
[アキバTOPJAPANジュニアアイドルコーナー2階に移動していた]の続きを読む
スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
・TBSのドラマ30『がきんちょ~リターン・キッズ~』、先週の第20話では突然「ノストラダムスの大予言」が出てきて、「このお話は舞台が過去(18年前)なんですよ」というのを強調していましたが、確かに当時は(1988年?)小学生にも終末論・ハルマゲドンブームがありました。
もっともアメリカとソ連衝突、核戦争なんて、ソ連、1999年には存在していないしあんなインチキブームは2006年から見ると大笑いです。
 ところで、『がきんちょ~リターン・キッズ~』って、あまりタイムスリップ物という感じがしません。違う時代から来たらそれなりのエピソードあっていいはずなのに、なんかオオマチちゃん、すんなりとけこんでいて違和感無くて。

・第21話ではオオマチちゃん(辺見えみり)が子供たちに勉強教えていますが、夏休み物らしく定番の宿題のエピソードです。鈴木理子ちゃんは鉢巻というベタな扮装だけど、けっこうかわいかったりして。
・過去編は今週で終わりですがどう収拾つけるんですか?いきなり現れた大人がいきなり消えたらそれなりに事件なんだけど・・・・
ぱれっと」のメンバーの話もうやむやになりそうですし、携帯電話も消えたままだし。

・それより、マチちゃん(鈴木理子ちゃん)が見られなくなるのが悲しいなあ。辺見えみりさんに18年たつとはいえ、鈴木理子ちゃんの面影、これっぽっちも無いし。
・ももちゃん(美山加恋ちゃん)は現代編でも出るんだけど、18年前の世界では「人気小学生アイドル、謎の失踪!」みたいに騒動にならないのかな?
・オープニングテーマの「Ho!サマー」のシーンで海岸で遊ぶ主人公たち出てきますけど、夏休みの話なのに、今だに、海やプールのシーンが出てこない・・・・
1988年の大子町にはプールは無いのか!いや、別に、鈴木理子ちゃんや美山加恋ちゃんの水着が見たいとか、そういうことじゃなくて、夏休みのお話なんで・・・・・
マイメロディ」だって、海のエピソードあったのに・・・・

がきんちょ~リターン・キッズ~掲示板見ると、夏休みということもあってか、本来のターゲットであろう小中学生の書き込みが多いです。もうギャル文字使われると読みにくくて読みにくくて、途中であきらめました。
夏休み終わったら、ビデオ録画で見ます、という書き込み多いんで9月は視聴率落ちそう。


ブログランキングに参加してみました。
ポッチポチしてくれるとうれしくなるかも  (*^▽^*)  




.
 さっきの記事書いた後で考えてみたんですが、「がきんちょ~リターン・キッズ~」が2006年の話だとすると18年前は1988年です。'88年だと宮崎勤事件の前年なので世間には「おたく」の存在は知られていません。いい年をした大人が小学生アイドルに夢中になる、なんてことが社会的には存在していない最後の年です。
 「おたく」自体はいたけど、「がきんちょ」の世界では間違っても「ぱれっと」のオーディション会場に望遠レンズつけたカメラ小僧は現れません。
そう考えたら18年前という設定は絶妙かも。深読みですけど(^o^)
.
へええ、また新しいU-15ジュニアアイドル雑誌プチガール』創刊ですか。
もう粗製濫造なんていいません。こうなったら10冊でも20冊でもどんどん出てください。バブルです
大東ミアはとことん付き合います。

 どうせなら、「デアゴスティーニ」で「週刊ジュニアアイドル」創刊、毎週毎週一人のジュニアアイドルを特集、ぐらいになったほうが面白いかも。

puchi girl



 表紙見ると、スカイアクターズ東京と、会田我路さん関連が新しいかも。2006年のこのU-15ジュニアアイドル雑誌ブームは、リアルタイム体験者としては面白くなってきたぞ! Sho-Boh創刊のときですら、

小学生アイドル専門グラビア誌
創刊キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


みたいな半分衝撃というか、blog界隈の世間的には「おかしいだろう!」なんて突っ込み多かったのですが、
いやいやいや、1年もたたないうちに

「U-12ジュニアアイドル、つまり小学生グラビア雑誌(水着表紙)が何誌も創刊、店頭に並ぶ!(〇o〇;)!」

こんな時代が来るなんて。2006年夏・・・・。
いったい来年までいくつ残ってるんでしょう?

 まあ、今回も書いておきますか。

 U-15ジュニアアイドルブームがきてますよ!

おさらい
[「Puchi Girl」創刊!いったいどこまで増えるU-15ジュニアアイドル雑誌!]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
 6/28に発売されたU-15ジュニアアイドル雑誌2冊『さくらっ娘学園』と『ぴゅあもえ簡単に感想済まします。

『さくらっ娘学園』表紙が高井みほちゃんって、すでに中学生じゃないぞ!しかもU-15でもないぞ! 
とはいえ、苦労の甲斐あって表紙に抜擢されたんだからよしとしますか。たとえ半乳のポーズでも。巨乳で勝負する子の宿命ですね。売れてきてさえしまえば、服が着られるから。
 一応、中学生オンリーにしてるみたい。「Chu→Boh」のパクリですか。
 誌名の『さくらっ娘学園』というのは、どうもアダルトムックか風俗店のようであまり好きにはなれません。
「桜っ子学園」だと、菅野美穂、持田真樹、胡桃沢ひろ子、井上晴美、 中谷美紀、 加藤紀子、中條かな子、星野麻衣子あたりが載ってそうでむしろそっちがいいかも。あ、でも『すっぴん』とかぶっちゃうか。

ぴゅあもえこっちは小学生なんで、「Sho→Boh」のパクリですね。
なにより、もっと誌名にオリジナリティ無かったのか?
「Pure Pure」と「ピュア☆カワ」と「moecco」の先行組から、「ピュア」と「もえ」を頂いて、くっつけてみました、みたいな安易なネーミングですこと。でも表紙と巻頭の黒田愛姫ちゃんはかわいいです。
 掘内美月ちゃんもいるし、決して出ている女の子は悪くないんです。
まあどうしても中学生より小学生だと評価が甘くなってしまうんですが。

『さくらっ娘学園』と『ぴゅあもえ』

 どっちも、いかにもU-15ジュニアアイドルブームにのっかって作ってみました、って感じでもういちいち感想書くの面倒くさくなったきた。
先行組「Pure Pure」「Chu→Boh」「Sho→Boh」と、後発組「moecco」「ピュア☆カワ」「モバイルアイドル いもうとスマイルまではいいとして、『さくらっ娘学園』と『ぴゅあもえ』、DVDキャプチャー画像多すぎ。なので画像悪いこと悪いこと。半分は撮りおろしにしろとは言わないまでも、1600円出すこっちの身にもなってくださいよ!

[『さくらっ娘学園』と『ぴゅあもえ』U-15ブームにのっかってまた雑誌創刊!]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
読売新聞:「犯罪の芽 野放し/「幼女もの」ソフト増加の一途」問い直す宮崎事件1.17最高裁判決(下)

あどけない顔の少女がワンピース姿で登場すると、20~40代とみられる約20人の男性が、代わる代わるシャッターを切り、その手を遠慮がちに握った。日曜午後の東京・秋葉原。あるアダルトソフト店では、DVDに出演している小学生の少女の握手会が開かれていた。
 DVDの内容は、少女が水着姿などでポーズを取るもの。このDVDは、成人女性のレイプや監禁をテーマにした作品とともに、店内で販売されていた。

20060115■読売新聞「犯罪の芽 野放し/「幼女もの」ソフト増加の一途」

この後もっと長い文が続きますが、主に2次元についての記事なので省略です。
U-15ジュニアアイドルファンとしては、冒頭部分が非常に気になったもんでして。

 このお店、分かった。たぶん、「トッPジャパン」です。というのは、日曜にアキバでイベントといったら他には「石丸電気」と「ヤマギワソフト」ありますが、アダルトソフト店じゃない。
 もう一店可能性あるのは「ラmタラ」です。なんか全然伏字になってないですね。
みっともないのでちゃんと書きます。

[U-15ジュニアアイドルファンは犯罪予備軍と印象付けようとする読売新聞]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。