U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
 小さなお友達向けのアニメが減って、その代わり「大きなお友達」向けのアニメが増えているって、それは、関東や大阪、愛知の話でしょう(´・ω:;.:...
関東離れて地方に移り住んだら、もう、地上波でアニメなんてちっともやっていない。子供のアニメ離れも何も、そもそも放送が少ない。
深夜でアニメが重なって、レコーダーのW録の振り分けどうするか考えていた頃がうそのように、深夜のレコーダー稼働率、低下しています。

地方局だから夕方放送できないのは仕方ないとして、せめて深夜ぐらいアニメを放送すればいいものを、つまんないショッピング番組やつまんないローカル製作番組を再び深夜に放送してどうすんのよ!
結局、東京、大阪、愛知だけで十分元が取れるし、ローカル局は資金が無いので地方のアニメは切り捨てられちゃうんですよね。
[アニメは子供じゃなく大人が見るもの←都会じゃそうかもしれないけど地方じゃね・・]の続きを読む
スポンサーサイト
テーマ→ヲタク人日記 / ジャンル→アニメ・コミック
.
 ( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!危なかった!! 「カードキャプターさくら」の再放送に全然気がつかなかったぁ!
7時のNHKニュースをボーと見た後、何気な~くチャンネル変えたら、カードキャプターさくら!!
 あれこれ確かめる前にまず録画録画!間に合うか?
OPはだめでも何とか本編には間に合ったぁ( ;∀;)
2月23日(木) 第47話 「さくらと不思議な転校生」
夏休みが終わり、さくらのクラスに転校生・エリオルがやってきた。仲よさそうなさくらとエリオルに小狼はおもしろくなさそう。家に帰ったさくらに語りかけるクロウ・リードの声、その時感じたいつもと違う気配、友枝町だけに降り続く雨…。何かあると感じたさくらは再びカードキャプターとして雨空の下へと出かける。

 再放送いつからかすっかり確認するの忘れていました。46話終わったの去年の春だもんな。
今度は木曜の19:30.なかなか難しい時間帯だなあ。

 でも今日は、久しぶりに「カードキャプターさくら」の世界を満喫できました。
「萌え」という言葉をアニメのキャラクターにあてまめるなら、まさにぴったり。それにしても、この作品「カードキャプターさくら」もう6年以上前の作品ですが、古くないですねえ。アナログ作品だけどきれいです。

 もともとアニメの場合、実写より古さを感じさせず作品として長く残るのは、2次元のキャラクターゆえの強さですか。永遠に小学生キャラとして残る・・・と思ったら、「ツバサ・クロニカル」でおかしな成長後のキャラになってしまったけど(つД`)
 それにキャラクターとしての「木之本さくら」はのこっても、中の人、というか声優の丹下桜さんは声優業やめてますしね。

 2004/09/09に「BSアニメ夜話」で、「カードキャプターさくら」について語っていた回で、司会のオタキングこと岡田斗司夫氏が、「カードキャプターさくら」を表面的にじゃなく、深読みするとたくさん見えてくる妖しげな人間関係について語っていたのを大笑いしたのが1年以上前ですか。
 大東ミアは今でこそ、明らかに女児向けのアニメもチェックしてますが、「カードキャプターさくら」が最初に放送されていた1998年から1999年は、全くアニメに興味はなく、当然「カードキャプターさくら」なんて知りません。
 そういうのを見る大人の男性がいることは知っていましたが、「おいおいおい、いい年してしょうがないなあ」ぐらいにしか思っていませんでしたね。
1999年ごろだと、「オタク」という言葉はとっくにあったものの、略した「アニオタ」「萌え」という言い方は耳にした記憶がないですねえ。興味関心がなかったせいもありますけど。

それが今じゃ遅れてきたアニメファン、大きなお友達に成り果ててしまいました。

 そんな遍歴はともかく、「カードキャプターさくら」純粋に見てもかわいくて楽しめるし、大人の脳内変換であれこれ置き換えても確かに楽しい。NHKの放送、小学5年生の女の子が主人公。ぱっと見、子供に安心して見せられる健全なアニメ。
 だけど、明らかに妖しい人間関係をわかる人にはわかるように連想させるように作っている、しかも手間隙のかかっている、レベルの高い作品。
 うーん、木曜日の楽しみがまたひとつ増えましたヽ(´ー`)ノ 
テレビ東京じゃなくNHKなんで全国どこでも見られるのもいいですね。

19:55になったとたん、新超アニメ特撮実況カードキャプターさくら 実況スレ 62枚目に同じアスキーアートが書き込まれました。

毎日すく水キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

やっぱりオタクの反応はおもしろいや。
.
3/9(水)レンタルしていたケロロ軍曹5を見る。テレビ東京のサイトだと
第17話 「ケロロVS夏美 水中大決戦! であります」2004年7月24日
第18話 「夏美 爆笑!オトナの海岸物語 であります」2004年7月31日
第19話 「ケロロVS夏美 おまつり頂上決戦! であります」2004年8月7日
第20話 「冬樹 ミーツ・ア・ガァ~ル であります」2004年8月14日
に放送してるなあ。

そのころ、まだ本放送見ていないなあ。26話から見始めたのか。気づくのが遅いよ!
てっきりお子様向けアニメだと思って、ノーチェックだったんだよな。

なのに、レンタルしてみたら、何だ!このアニメは!
旧型スクール水着!に、ブルマ! 大きなお友達をターゲットにしていたのか。
うーん、しかし中学生の子供がいるママンは何歳の設定なんだ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。