U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
昼は、ゆっくりチェックする暇も無かったので、マイウェイ出版の確認もできませんでした。moecco情報の続きです
moecco』U-15で来ましたか。一番うれしい展開です。
今、U-15雑誌というと、『ピュアピュア』『Chu→Boh』『Lemon Teen Plus』ですか。
このなかじゃ、「レモンティーンプラス」まだ見たことが無いのでよく知りませんが、露出度という点では、水着が載っている 『Chu→Boh』が一番といったところです。

そこへ新規参入してくる「Moecco」、カギ握るのはマイウェイ出版、どんな出版社か全然知らないので、ぐぐると・・・
最初にヒットしたのが、マイウェイ出版で発行しているブルセラ系、実話系、SMなどのアダルト雑誌の紹介と通販。
ブルセラ系イコールお菓子系雑誌かな? でもお菓子系で「マイウェイ出版」って聞いたこと無いなあ、と思いつつクリックすると、トップで18歳未満かどうかのチェックです。

ブルセラ系って、思いっきりアダルトでした。ここから18禁な雑誌名、たくさん出しますので苦手な方はご注意ください。
{/18/}かなり品が無いというか、お下劣というか、エロエロです。出している雑誌のタイトルだけで、予想つきます。

ちょっと恥ずかしいので、フォント薄くします。

[moecco出版するマイウェイ出版から予想した雑誌の内容]の続きを読む
スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
訂正です。「moecco」はU-15新グラビア雑誌です。 
タスクオフィスのスケジュール2/19に、出ていました。
U-15新グラビア雑誌「moecco」創刊記念イベント 
2006年2月19日(日)
「moecco 雑誌」で検索したら出てきました。 
創刊号付録DVD付「Moecco」(マイウェイ出版)
http://www.myway-pub.jp/
マイウェイ出版は、ブルセラ系、実話系、SMなどのアダルト
雑誌を出しているようです。
急いでいるので、携帯電話から修正です。
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
しほの涼ちゃんや倉田みなちゃんが所属しているタスクオフィスが2月に創刊するグラビア雑誌、名前がずっと未定でしたが、やっとでてきました。
『moecco』です。
moecco=萌えっ娘かな? なんか、『URECCO』みたい。
発売記念サイン会が行われる書泉ブックマートのイベントページにはまだ誌名がでていません。

グラビア誌 moecco創刊イベント
2006年2月19日(日)
出演:しほの涼・倉田みな
16時~ 書泉ブックマート


しほの 涼さん・倉田みなさんサイン会
開催日:2月19日(日) 午後4時~ (於:書泉ブックマート2階)
詳細は近日お知らせします。


タスクオフィスの社長のblog、1月になってまだ情報が出てきていません。
2005.12.15
2006年度より様々な業務拡張が予定されております。そのひとつが、これまで映像制作部を充実計って参りましたが新年の第一発目はグラビア誌の創刊です。 この詳細は追ってご紹介させていただきます。 某出版社様との共同制作により全国の幅広い皆様にご愛顧いただける新しいグラビア誌を創刊します。


2005.12.27
ジュニア雑誌を創刊します
新年会二月に新しいグラビア雑誌を創刊させます 早くも撮りおろしページのロケが連日行われています。 既存グラビア誌には負けないぞ

まだ雑誌の性格が見えてきませんが、ジュニア雑誌?グラビア雑誌?うーん、どっちなの?
「ジュニア雑誌」といったら、やっぱり『ピチレモン』『ニコラ』『ラブベリー』のイメージでメインターゲットは少女です。
グラビア雑誌だと、ターゲットは男性でまったく違います。
 でも、誌名が「moecco」でしょ。やっぱり男性向けグラビア雑誌でしょう。
もしジュニア雑誌だとしても、その創刊記念イベントに小中学生の女子じゃなく、大きなお兄ちゃんたちが押し寄せることになるからそれはそれで楽しそうですけど、たぶんそれはない。

じゃあどんなグラビア雑誌になるのか?
「U-15」系、お菓子系、水着グラビア系、ヌードありアダルト系
タスクオフィス
のタレントを載せるための雑誌と考えたら、U-15や、お菓子系だとタレント限定されちゃうので水着グラビア誌ですかね? アダルト系だとコンビニ展開が厳しいし、タレントを脱がすわけもないので無いとみます。
 どうも青少年が買いにくいグラビア雑誌での展開が多い(『うぶモード」は十分大人の大東ミアにとっても買いづらいですけど)しほの涼ちゃんや倉田みなちゃんですが、中学生でも安心して買える雑誌に載ってくれるとうれしいな。あまりセクシー系のイメージばかりつきすぎるのはどうかと心配しちゃうので。

でも過激なグラビアもママのOKは一応出てるようです。
弊社制作ではないグラビアや動画にタレントを出演だけさせる場合、出版社さんやメーカーさんに対し発売前に事務所側が確認の意味で拝見をさせてもらう行程があるんだけど副社長は実に細かくチェックする性格上、NGを願うものが多くなり恐れられています。 方や俺は根っからの勢い系人間なので通常NGのものでも男気あるご担当者相手であればOKにしてしまうところがあって発売後によく家内と大怒鳴りあいになったりします。 これがはじまると社内はスタッフもタレントも飛び散る火の粉を恐れて周囲から静かに立ち去ってゆく。

ママに感謝します
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
個別エントリーいつ書けるかわからないので、01/14、01/15の行動でblogエントリーになりそうな項目をメモ..._〆(゚▽゚*)

01/14(土曜日)

午前中
まず、.ウルトラマンマックスをチェック。 「怪獣は何故現れるのか」牛鬼怪獣ゲロンガ登場
 子供というより、大人のファン(ウルトラシリーズに関しては、「大きなお友達」という表現は使いたくないので)を喜ばせるような内容
です。懐古路線はウルトラQまで復活させましたか。
ゲロンガは、バラゴン→パゴス→ネロンガの流れの怪獣ですか。

「ワンワンセレプー それゆけ!徹之進」
 先週、ウルトラマンマックスの実況中継スレで
「さあて、今から今期最大の萌えアニメに移動」と書き込みがあり
わけわからないままテレビ東京しかないと思い、何も知らないまま急いで8:00からチェック。
2週見てもまだわからない。

それから山中真由美ちゃんのDVD 「ぺったんこ」を鑑賞。
 かわいすぎて萌え死にそうです。

午後、永田町へ。
 2005/12/24朝日新聞の、森岡正博氏の記事
「ロリコン社会 犯罪の根源 幼い心の商品化 なぜ許す」を読むため、国会図書館へ足を運びました。
関西版なので、普通の図書館では置いてないので国会図書館です。
「速水由紀子は、ロリコンは日本の「国民病」になったと指摘している。」
「小学校低学年の女の子の実写イメージを、性的な文脈に置いて商品化することは、たとえ親の承諾があったとしても、一種の虐待とみなして規制すべきだと私は考える」
そうです。いかんなあ。しほの涼ちゃんのパパというか、タスクオフィスの社長のつめの垢でもせんじて飲んでほしい。

東京神田神保町に移動。
書泉ブックマートで、加藤美月ちゃんのDVDと写真集を予約。
「Pretty Moon」「みづきっす」 
たぶん森岡氏が批判しているのは、この手のDVDの事だと思われます。


渋谷に移動
21日から公開の「渋谷怪談」の前売り券求め、渋谷シネ・ラ・セットに行くが、前売り券は扱ってなし。
代わりに割引サービスとなるチラシをもらいました。

そのまま渋谷のブックファーストに向かいます。
速水有紀子が「ロリコンは日本の「国民病」になった」と指摘している本「恋愛出来無い男」を立ち読みチェック。
面白かったら買おうと思ったが、容赦ない全否定ぶりに、気分を害して購入をやめました。
2002年の初版がそのまま残っていたよ。

雨が激しい中、Chu-Bohに載っている広告ページで気になっていたお店、「渋谷書店」に行きました。
最近はU-15関連の雑誌、写真集、DVDは新宿か秋葉原の開放的な大型店ばかりで買っていたので、この手の小さな店 -マンション一室で、ドアノブを手で開けて入る、狭いけどマニア向けに商品構成が濃いような店- は久しぶりです。
雨にもかかわらず、自分含め客は何人も入っています。
余計なAVの類を置いていない分、効率よく商品が探せ、利用価値はありそう。


TBS「ブロードキャスター」
▽世界中が“カワイイ”連発…仰天の日本語▽宮崎勤被告自供させた刑事判決直前に語る

元日の朝日新聞でも取り上げていたニュースです。「カワイイ」が世間を席巻する。「キュート」では表現仕切れないニュアンス。
宮崎勤事件は、死刑以外考えられないのに、判決出るまで長すぎ。17年間生き延びてしまっている。
死刑反対論者は、宮崎勉でも擁護するのかと思うとやり切れないです。

------------------------------------------------------------------

01/15

「ふたりはプリキュア マックスハート」今のシリーズ終わりに向けて話が急に動き出す。
結局シャイニールミナスはリストラされるか。

神田神保町ブックマート、加藤美月DVD写真集「Pretty Moon」「みづきっす」発売記念イベントに向かいます。
10:50並ぶの間に合わず!うーん、マイメロディ見てる場合じゃなかった!
結局着いてから1時間待ってご対面。身長をたずねると131.5cmだとか。
そりゃちっちゃいな。でもプロフィールよりは大きくなっている。
サインとツーショットポラロイドしてもらって満足満足。

それから川崎に移動。
目的は川崎市産業振興会館で行われる、女装少年中心同人誌即売会 「計画7」
名前は聞いた事あるけど、行くのは初めてのイベントです。

うわああ!レベル高い(・∀・)イイ!!
冬コミケの時の男性女装コスプレは、ただ服を着ているだけの女装と呼ぶ以前の「男性」が多かったけど、こっちは違う!
メイクが決まっていて、体の線が細くて、リアルで萌えられそうなレイヤーさん多い。
同じ男性中心のイベントでも、ショタケットとは大違いです。
臭くないし、キモクない。男性が多いのに、全然汗臭さがない。
結局200枚近く撮影しました。


さて、いくつエントリーできるか。がんばろう。
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
読売新聞:「犯罪の芽 野放し/「幼女もの」ソフト増加の一途」問い直す宮崎事件1.17最高裁判決(下)

あどけない顔の少女がワンピース姿で登場すると、20~40代とみられる約20人の男性が、代わる代わるシャッターを切り、その手を遠慮がちに握った。日曜午後の東京・秋葉原。あるアダルトソフト店では、DVDに出演している小学生の少女の握手会が開かれていた。
 DVDの内容は、少女が水着姿などでポーズを取るもの。このDVDは、成人女性のレイプや監禁をテーマにした作品とともに、店内で販売されていた。

20060115■読売新聞「犯罪の芽 野放し/「幼女もの」ソフト増加の一途」

この後もっと長い文が続きますが、主に2次元についての記事なので省略です。
U-15ジュニアアイドルファンとしては、冒頭部分が非常に気になったもんでして。

 このお店、分かった。たぶん、「トッPジャパン」です。というのは、日曜にアキバでイベントといったら他には「石丸電気」と「ヤマギワソフト」ありますが、アダルトソフト店じゃない。
 もう一店可能性あるのは「ラmタラ」です。なんか全然伏字になってないですね。
みっともないのでちゃんと書きます。

[U-15ジュニアアイドルファンは犯罪予備軍と印象付けようとする読売新聞]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
前半よりの続きです。
 
昨年秋、同級生の女の子に突然、「あんた、グラビアでやってくの?」と聞かれた。「違う」と言いたかったけど、知らんぷりして家路を急いだ。
 学校では仕事のことは話さない。「普段通りの、フツーの小学生でいる」。広まってみんなにいろいろ聞かれたら面倒くさい。
 朝4時起きで始発使に乗り、羽田発の最終便でとんぼ返りする週末。上昇する旅客機のシートに小さな体を沈めては、つかの聞の眠りに落ちていく。
 一番気が休まるのは、自宅で寝そべってゲームをしたり、弟と遊んだりして過ごすときだ。
 4月からは中学生。仕事と学校の両立は今よりずっと大変になる。所属事務所から、東京の中学に来ないかと勧められた。その方が目標に近づけるとは思う。
 だけど、東京は空気が悪いし、人が多すぎて落ち善かない。何より、「いまはまだ、家族と離れて暮らすのは寂しい」。

歌って踊って、撮影会、握手会と続くイベント。紗綾の夢は有名な女優になること。その前に、3人組で歌手デビューを果たすのが今年の目標だ

いや、それはわかりますよ。別にグラビアアイドルを目指しているんじゃないことぐらい。
でも、ここまで否定的な記事にしなくてもいいのに。
>>楽屋に戻ると、1日で100人以上と握手した手のひらをウエットティッシュでふきとり、両手で腰をさすった。
うわあ、オタク相手の握手会はやってらんねえよ、ということですか。朝日としては。
[2006.01.03 朝日新聞 新連載 12歳の「いま」を見る 1回目 ハタラクより 紗綾]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
前半よりの続きです。
 
昨年秋、同級生の女の子に突然、「あんた、グラビアでやってくの?」と聞かれた。「違う」と言いたかったけど、知らんぷりして家路を急いだ。
 学校では仕事のことは話さない。「普段通りの、フツーの小学生でいる」。広まってみんなにいろいろ聞かれたら面倒くさい。
 朝4時起きで始発使に乗り、羽田発の最終便でとんぼ返りする週末。上昇する旅客機のシートに小さな体を沈めては、つかの聞の眠りに落ちていく。
 一番気が休まるのは、自宅で寝そべってゲームをしたり、弟と遊んだりして過ごすときだ。
 4月からは中学生。仕事と学校の両立は今よりずっと大変になる。所属事務所から、東京の中学に来ないかと勧められた。その方が目標に近づけるとは思う。
 だけど、東京は空気が悪いし、人が多すぎて落ち善かない。何より、「いまはまだ、家族と離れて暮らすのは寂しい」。

歌って踊って、撮影会、握手会と続くイベント。紗綾の夢は有名な女優になること。その前に、3人組で歌手デビューを果たすのが今年の目標だ

いや、それはわかりますよ。別にグラビアアイドルを目指しているんじゃないことぐらい。
でも、ここまで否定的な記事にしなくてもいいのに。
>>楽屋に戻ると、1日で100人以上と握手した手のひらをウエットティッシュでふきとり、両手で腰をさすった。
うわあ、オタク相手の握手会はやってらんねえよ、ということですか。朝日としては。
[2006.01.03 朝日新聞 新連載 12歳の「いま」を見る 1回目 ハタラクより 紗綾]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
 朝日新聞社会面に紗綾が登場!芸能欄じゃない!それも「12歳」を取り上げる企画シリーズの最初ですか。

20060103朝日新聞



・さすが朝日だけあって?中国様の反日デモを止めたことには詳しく書いていません。
・しかしなんでまた朝日は取り上げたんだろう?
・朝日といえば12/25の関西版に載った「ロリコン社会犯罪の根源 幼い心の商品化 なぜ許す」がかなり気になるけど、関東版には載るのかな?

・またまたアキバ系のお兄ちゃんたちを落ち込ませるような正直なコメントだ、 お兄ちゃんといっても、30代から40代と記事ではなっているけど。
 「給与明細」「ザ・ワイド」「SPA!」そしてこの記事も、30代が多いように見えるといずれも取り上げているけど(実際そうなんだけど)、そのことについてはどの取材媒体も触れたくなるみたいです。

・今日の朝日新聞紗綾ちゃんが載っていると気づいたのが15時過ぎ。
電車内で2ちゃんねるのU-15板チェックして発見。
今日は駅売店も図書館も使えないので、コンビニで買ったけど、夕方過ぎていたのでかなり危なかった。3軒目でやっと購入できました。

スキャンしたら、OCRで読み取りますか。長いので2つに分けます。
[紗綾20060103朝日新聞「なりたいのはアキバのアイドルじゃない」]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。