U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2006/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/01

2006/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/01

2006/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/01

2006/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/01

2006/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/01

2006/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/01

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
 12/29アキバの石丸電気ゲームワンに、Kiss!い・も・う・とClub.「萌トリビュート」発売記念イベントに行ってまいりました。
結果的に、これが今年参加したジュニアアイドルイベントの閉めになりました。この会場に来るのは、キャットモデルプロジェクトのイベント以来です。

 開始時間の18:00より遅れて行って、4Fで、CDの通常版と特別版を購入。ということで、事前発売されていたけど曲を聞いて無いというこですが、まあいいや。

 6Fではすでにイベントは開始していて、トークは盛り上がり中。小林万桜ちゃん、小川櫻子ちゃん、カンナちゃん、小野由可里ちゃん、飯島ゆいちゃん5人とも、夏用セーラー服です。小学生の2人も同じ。
お客さんは、ざっと6、70人といったところですか。ジュニアアイドルのイベントらしく、30代、40代に見える人が多いのはいつものこと。
 キャラとしては小林万桜ちゃんと小川櫻子ちゃんは知っているけど、他のメンバーはよく知らない。・・・・
予想どおり、というか小林万桜ちゃんがセンターということもあり、一番しゃべっています。実質リーダーのポジション。
過去に参加した万桜ちゃんのイベント、といっても2回だけですが、とにかくテンションが高くてびっくり!
 会田我路さんのDVDだとおしゃべりが入っていないから分からないんですが、小林万桜ちゃん、とにかくよくしゃべる。というか、小川櫻子ちゃん共々イベント慣れしている。

 小学生の小野由可里ちゃん、飯島ゆいちゃん、2人が横、というか話を振った小林万桜ちゃんや小川櫻子ちゃんに向かってトークすると、「ほら、お客さんのほうみなくちゃ!」とチェック入ります。なかなかいいお姉さんぶりです。
「桜(もも)mint's」じゃ「妹」ポジションだったけど、「Kiss!い・も・う・とClub.」じゃ「姉」キャラですね。

質問コーナーで、あるファンが「2学期の成績はどうでしたか?」と聞くと、小林万桜ちゃん急にかわいくむっとした顔。
万桜ちゃんはこの表情の豊かさもいいんだよなあ。
「だって、イベントのたびに成績のこと質問するのって、どうですか?あの人、いつも成績のこと質問するし」
なるほど、常連さんですか。でも顔覚えてもらえるのっていいけどなあ。

 あと印象的だったのは、「アルバムの中で好きな曲は?」万桜ちゃんと櫻子ちゃんが「天罰!エンジェルラビィ」をあげて(他は忘れた、ははは)、「フィギュアになりたい」はどうか?といったとき、カンナちゃんが「ええ、あれ気持ち悪い」・・・
おいおいおい!「ももーい」こと、桃井はるかさんの立場は? というか、フィギュアが気持ち悪いって、カンナちゃんは、大谷昭宏か!お兄ちゃんたちは「フィギュア萌え族」か!
 ちなみにカンナちゃんのご家族がちょうど後ろの席にいまして、まだ10歳もいかないような弟と妹さんもイベント見ていて、「カンナねえ、・・・・、カンナねえ・・・・」と言ってました。兄弟も「カンナ」って呼んでるんだ。

CD発売記念イベントだから歌うのかなあ?と思っていたら、イベント途中から参加したのでわかりませんが、結局歌は1曲のみ「天罰!エンジェルラビィ」だったと思います。自信ないや。

イベント後は、「6ショット」の「ポラロイド」撮影、てっきり「チェキ」だと思っていたので、これはうれしい。

撮影会は信じられないことに「3分」、1分だと思っていたのでこれはありがたいなあ。
ファインダーごしに見ても、やっぱり小林万桜ちゃん、目力強い。改めて見ると、5人とも黒髪ストレートで、眉が細すぎないというかむしろ太いほうでうれしいなあ。

最後は握手でお別れ、お疲れ様でした。2006年のジュニアアイドルイベント、終了!


ところで、「Kiss!い・も・う・とClub.」ですが、小学生もいるのにギャルゲーというか、18禁のエロゲーの主題歌を歌うのはいかがなものか、という点について少し考えます。
[Kiss!い・も・う・とClub.「萌トリビュート」発売記念イベント]の続きを読む
スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
しほの涼ちゃんの歌手デビューの記事が日本テレビのネットニュースに出ていました。
タスクオフィスの年末ライブTask-izm ですね。
涼ちゃんは、DVD「ウクレレ」写真集「レコード」(うぶモードが作ったけど、これは認めます)のあと、モデル路線に行くようなこと匂わせてて、「グラビア卒業かあ・・・・」と思っていたけど、実際はお菓子系雑誌含めてジュニアアイドル雑誌も出ているというか、グラビア路線も並行しているので一安心。
 というか、涼ちゃんの美脚は、水着グラビアにぴったり!

歌手活動に関しては、レモンエンジェルプロジェクトで経験しているし、そんなに心配なし。何より涼ちゃんは、トークがうまいし、プロ意識が強い。
しほの涼のオールナイトニッポン」聞いたとき、涼ちゃんならどのジャンルでも大丈夫だと実感しましたよ。

 涼ちゃんについては、ジュニアアイドルのグラビアセクシー化のパイオニアみたいに扱われること多いですね。確かにお菓子系雑誌ジュニアアイドル大量に流れ込むきっかけを作りましたし、「うぶモード」の表紙にまで進出しましたからね。
でも2006年振り返って見れば、涼ちゃん以上に過激なグラビアに進出するジュニアアイドルがいっぱい。涼ちゃんは下着姿のグラビアは多いけどTバックはならなかった。
 一時はタスクオフィスは過激なグラビアお仕事多いなあ、と思っていたけど、Tバック小学生のいるスカイアクターズ東京ホットオフィスといった関西系事務所がより過激になって、さらに「藤軍団」ピンキーギャルの過激グラビア見ちゃうと、タスクオフィスがおとなしく見えます。
かなちゃん、Tバックにならないし。

股下84cm!美脚中学生が歌手デビューへ<12/27 22:39>

 “股(また)下84センチ、日本一の美脚中学生”といわれるグラビアアイドル・しほの涼さん(15)が歌手デビューを3日後に控え、27日、横浜市青葉区のスタジオで公開リハーサルを行った。
 デビューを前に、しほのさんは「歌を人前で歌うのは初めて。でも、不安は全くありません。これまでの自分と違った一面を見せたいです」と意気込んだ。

 また、歌手デビューをするものの、「グラビアは今後も続けていく」という、しほのさん。「30代になってもスクール水着を着ていたい。周りが『もうやめてくれ』というまで、グラビアを続けます」とファンにメッセージを送り、股下84センチの美脚を今後も披露し続けることを誓った。

 デビューライブは30日に東京・六本木で開催される。

[しほの涼ちゃん歌手デビュー、でも30代でもスク水いきま~す!]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.

 世間では今日はクリスマスイブということで、なんか楽しいことをやる日、みたいでしたが・・・・・
 管理人:大東ミアは引っ越し前に部屋片づけなきゃ間に合わない!ということにようやく気づき、キャットモデルのファイナルイベントも見送って、ひたすら不用品というかゴミの山と格闘。
いやあ、出るわ出るわ、ゴミが。
 永久保存版などと思っていたTV録画のビデオテープもゴッソリ廃棄。だって全然見ないもの。
DVDはかさ張らないから保存。

 ということは、見るものは残す、ということで写真集はほぼ保存。
雑誌、これはジュニアアイドル雑誌は保存。
週刊プレイボーイ、2005年以降、ジュニアアイドル関連で買ったもの以外は廃棄。
昔のBLT、週刊アスキー、躊躇なく廃棄。
1990年代のローティーン雑誌、貴重なので積極的に保存。
世間を騒がしたような性犯罪が起きた時に集中的に買った、週刊紙:文春、新潮、ポスト、あと女性週刊誌、これも廃棄。
[ オタクの引っ越しは大変だ・・・・・・]の続きを読む
.
 今更ですが、実は写真週刊誌FLASH2006.10.10にキャットモデルプロジェクトが出ていたりしているんで。

20061010FLASH-catmodel


アキバでの5.21ゲリラライブなんですよ。奥居杏南ちゃんの後姿だったりして。
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
最近、街角で見かけることの多い朝日新聞のポスターです。これは、新宿駅の地下街で見かけました。
パッと見たとき、つい、「持田真樹ちゃんに似てるなあ」と思っています。
モデルの少女については、あとでゆっくりチェックするつもりです。
朝日新聞200612

.
 アキバblogさんがまた泉明日香ちゃんの写真集を取り上げたので、 泉明日香写真集・月桃花 「史上最強のTバック Jrアイドル みたび降臨」 アクセスがぽーんと跳ね上がりましたが、今回はアメリカからのアクセス Taking Junior Idol to A New Levelも急に増えました。

アクセス先を見ると、JAPANATORという、ジャパニメーションを中心に扱うサイトのようです。
アキバネタもけっこう見つかります。

今回の記事で「週刊新潮」が「Shuugan Shinchu」なのは許容範囲です。

日本のアニメ、コミックが海外でも人気があると言うのは、麻生外務大臣が繰り返しアピールしていますが、日本のジュニアアイドルのセクシー写真集がアメリカ人の目にはどう映っているのか、気になるところです。


月桃花

泉明日香/明日香のTダンス


エキサイト翻訳で少しだけ紹介します。
[アメリカ人も注目している泉明日香ちゃんの写真集 「史上で最も熱い逆のtの絵」]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
東京新聞に「なぜ女子高生は冬でもミニスカートなのか、寒いし盗撮されるのに」という質問に対し、あっさり「“いまどき”でいたい」からと回答が出ています。
またミニスカート性犯罪は無関係だし、スカート丈についての質問をする議員がいるのは、平和なことだとか。よくわからない記事です。まあ確かに女性の肌の露出をめぐって国中をあげて大論争になり殺人事件が起きるようなイスラム文化圏の国よりは、「娼婦」みたいな制服の着こなしが学生のポピュラーな服装になっている日本は平和なのかも。
スカートが短いわけ 

・女子高校生は、なぜ短いスカートをはくのでしょうか。寒いし、盗撮されるおそれがあったり、欠点ばかりと思いますが。 (名古屋市・七十代男性

 ミニスカートの生徒に聞くと「本当に寒い。でも“いまどき”でいたい、という一心で 短くしている」とのことです。
 体が冷えるので医学的にはよくないようですが、それ以上の分析はされていない ようです。

 ただ昔の中国の纏足(てんそく)や、ヨーロッパのコルセット。現代でもいれずみ、 ピアス、紫外線を大量に浴びる日焼け、髪の毛を損傷する染毛やパーマなど、 おしゃれは、健康に悪いものばかりです。
 体に悪い、ということは逆に見る者を引きつけるという長所があり、それがダメージを 上回ると判断するから実行するのでしょう。ミニスカート性犯罪を誘発するという 主張はよく見かけますが、説得力あるデータはありません。地方議会ではスカートの丈について教育委員会に質問する議員もいます。平和の象徴のような話ですね。

 スカート丈について質問する議員がいるのは「平和の象徴」ですか。それは「偽りの平和」じゃないの?確かにもんぺはいていた時代に今時のミニスカ女子高生がタイムトリップでもしたら
「貴様!この非常時に、その服装は何だ! この非国民め!!」といわれそうです。

>ミニスカート性犯罪を誘発するという 主張はよく見かけますが、説得力あるデータはありません
[冬でも全裸男>「“いまどき”でいたい」から冬でもミニスカートの女子高生]の続きを読む
テーマ→今日、気になったネタ / ジャンル→ニュース
.
キャットモデルプロジェクトが年内で活動休止! 詳しい情報が全然わからないのでとりあえず転載まで。
■キャットモデルプロジェクト活動休止のお知らせ。
日頃よりキャットモデルプロジェクトに、暖かいご声援をいただきありがとうございます。

突然ではございますが、キャットモデルプロジェクト2006年12月31日にて、活動休止させていただくことになりましたのでご案内申しあげます。

今日まで当プロジェクトをお引き立ていただいたことに対し、モデル・関係者一同深く感謝をしております。 本当にありがとうございました。

なお、東京にて行なわれるクリスマスファンの集い(2006年12月24日 都内某ハウススタジオで開催予定 予約制)が当プロジェクトとして最後のイベントとなります。
また、来年1月に予定しておりました「コミックトレジャー9」(2006年1月21日 インテックス大阪)については、出展中止とさせていただきますのでご了承ください。

またどこかで皆様にお目にかかれる機会が得られることを、所属モデル・関係者一同願っております。

2006年12月
キャットモデルプロジェクト

昨日、おいも屋本舗の12/11のブログ見たときにキャットモデルの12/10のイベントの様子載っていて「そんな告知なかったぞ?」とキャットモデルのHP見たときには活動休止なんて載ってなかったのに、たった1日で何があったんだ?

[キャットモデルプロジェクトがいきなり年内で活動休止!!!]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
 12/17の「2006チャームキッズクリスマス祭り」に備え、「みんな日記」CD-Rの2005年、2006年版を読み、リアルタイムの日記もチェックしていますが、無理!覚えきれない! メンバーの名前! 特にレッスン生のちっちゃい子達は動く姿見ていないからどうもわからない。
 どのくらい小さいかというと、倉木はなちゃんなんて2001年生まれ!ついこの間だよ。21世紀の子だよ!ミレニアム・キッズだよ!はなちゃんからみたら、お兄ちゃんたちは前世紀の生まれdayo!
というか、「平成」生まれのジュニアアイドルからみたら、「昭和」生まれのおにいちゃんたちは、お兄ちゃんたちにとっての「明治・大正」生まれとかわらないんだyo!

 まあ、そんな「昭和世代」のお兄ちゃん達と「平成生まれ」のジュニアアイドル達の世代間格差、ジェネレーション・ギャップはさておいて、チャームキッズで「小さい子」「年少組」といったら、「うきうき~ず」の、古井みずきちゃん、上杉まゆみちゃんがすぐに浮かんできてたんですが・・・・・
 古井みずきちゃんを「小さいなあ」なんて思っていたら、いつのまにかみずきちゃんの学年の小学4年生がいっぱいになっているし。松嶋友貴奈ちゃんなんて半年もたたないのにもうレギュラー生に昇格してるし。

 こりゃ中学生はうかうかしてられないな、なんて思ったけど、2005年の「みんな日記」見ると、顔ぶれが違う。
浅見里穂ちゃん1992年10月23日生まれ、の出番が多い。
[ チャームキッズクリスマス祭り:浅見里穂ちゃんの出番はあるのか!?]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
引越しのための片づけがなかなかはかどらず、うんざりしていますが、今年も後20日、そして今週は
16日にCHASE デビューシングル「CHASE ME!」発売記念イベント
17日には「2006チャームキッズクリスマス祭り」
があるので、昨日今日と、TVで「激闘!アイドル予備校」のDVD-BOX見ながらPCで「チャ-ムキッズみんな日記」2005年版、2006年版、そしてリアルタイムで見るという、絶対に荷物が片付くはずのないすごし方をしています。


再度、12/16のイベントの場所と時間の確認

12:00~ 鮎川穂乃果ちゃん:書泉ブックタワー
13:00~ 吉沢真由美ちゃん&堀内美月ちゃん:おいも屋本舗
14:00~ CHASE:東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ ap SQUARE
15:00~ 泉明日香ちゃん:おいも屋本舗
     村上優美帆ちゃん、石川樹莉ちゃん、笠井恵利香ちゃん、山本耀ちゃん(Quatre Yah! M.I.K.Y.! イベント):ラムタラ・エピカリ・アキバ店
鮎川穂乃果ちゃん、愛田かんなちゃん:ラムタラメディアワールドアキバ  
17:00~ 三花愛良ちゃん:おいも屋本舗

 これで「CHASE」だけじゃもったいないけど、どうやっても重なるなあ、時間が。スカイアクターズ東京鮎川穂乃果ちゃん、愛田かんなちゃん、三花愛良ちゃんも見たいし。

  12:00~ 鮎川穂乃果ちゃん:書泉ブックタワー 
→ 14:00~ CHASE:東京ドームシティ 
→ 17:00~ 三花愛良ちゃん:おいも屋本舗
これならなんとかなりそう。
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
リアルで引っ越すことになりました。なので落ち着くまで片づけなどでブログ更新かなりやりにくくなりそうです。

問題は買いまくった雑誌と写真集、さすがにお菓子系雑誌ジュニアアイドル雑誌、などは引越し業者さんに見られたくないから自分で片付けるけど、わかってはいたけどとんでもない量!
本田透さんの部屋と近いか、それ以上の状況、床が見えないじゃないか!
 週刊プレイボーイだけで去年、今年何冊買ったことやら。
 DVDになる前に使っていたビデオテープもとんでもなく場所とっているし、一時はVHS→DVDで省スペース化、なんて考えたけどすぐに効率の悪さで断念。
 写真集、重いんだよなあ、DVDと比べて場所もとるし。一番いいのはPDF写真集、HDDに保存できるから。

量が量だけに真剣に、「便利屋」に頼むこと考えているけどお金がいくらかかることやら。
DVD代なんか飛んでいくの確実。

 繰り返しになるけど、いくら個人情報保護するとうたっている便利屋さんでも、お菓子系雑誌ジュニアアイドル雑誌の山、
表紙に「小学生! 中学生!」と大きく書いてある雑誌が山積み状態の状態は、さすがに見られたくない。
 プロだから口にはしないだろうけど、「はあは、こいつ、こういう趣味の持ち主か」と一発でわかるでしょう((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
これだけは自分で片付けないとね。
テーマ→ダメ人間日記 / ジャンル→日記
.
普段あまりNHKなんて見なそうな知人からNHKの番組録画を頼まれ、しかも画質は標準を指定、だけど、番組名をなかなか言わないのでおかしいと思ったら、恥ずかしそうにポツリと「キャンディーズ・・・(*'-'*)」

プレミアム10 「わが愛しのキャンディーズ」

 この番組の放送を知らなかったので逆に助かりました。見逃していたら絶対に後悔していたから。

 うーん、NHKは侮れないなあ。民放だったらいいところでCM入って興ざめになったり、変なナレーション入れてしまうところをじっくりと見せてくれます。解散コンサートのシーンも曲を切らない編集です。
リアルタイムでキャンディーズを知っていたという要素はかなり大きいけど、ビデオではなくフィルムの質感もあって、ジャンルは全然違うけどドキュメンタリーとしてはまるでレッド・ツェッペリンの「狂熱のライヴ」のような感涙ものの放送でしたよ。

 実況中継版も、30代、40代の書き込みが多いこと、多いこと!まー、リアルタイム世代ならその辺の年齢ですね。
キャンディーズは王道中の王道アイドルというか、今の雑誌で「XXドル」特集のようにアイドルが細分化されている時代じゃないせいもありますが、TVで歌が流れ、多くの人が耳にした時代でもあります。
 それより興味深かったのは、ファンクラブ、全日本キャンディーズ連合の面々、いやあ暑い暑い!
鉢巻をしめたファンがデフォルトというのは、ちょっと時代を感じたりして。
 といいつつ、けっこうキャンディーズの曲は口ずさめたりしますけど。


28年たっても、全国放送で番組を作ってもらえるなんて、やっぱり偉大だなあ、
スーちゃん
は、今でもそうめんのCMで見かけますけど、美人だなあ。

ピンクレディーのように、再結成をするというのもそれはそれでありですが、キャンディーズは全くないわけで、そのへんも伝説のアイドルかも。「あの人は今」みたいな企画で昔のアイドルを引っ張りだされると、うれしさと失望感、特に太っていたりするとあるのですが、
キャンディーズにはそれは無し。ノーランズは、かなりがっかりきたけど。
[「わが愛しのキャンディーズ」NHK:こんな映像なぜ28年も寝かしていた!]の続きを読む
テーマ→NHK / ジャンル→テレビ・ラジオ
.
 久しぶりの更新です。アキバのTOPJAPANに行ってみたら、
かなりCAHSE押しだった雑誌、eonnaが休刊とのポップが付いていました。
CAHSE目当てで買っていたけど、なかなか雑誌の世界も厳しいなあ。
 仲村みうみうが「週刊プレイボーイ」の広告に名前載っていたのは確認したけどまだ買ってないけど、多分買うだろうな。
週刊プレイボーイの読者比率は30代前半が一番多いとの記事が先月のどっかの新聞に載っていたけど、なるほど、ジュニアアイドルのファン層と重なりますね。
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。