U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
2005年以降のお菓子系雑誌へのU-15ジュニアアイドル大量進出の流れを作り(それ以前にも西崎華子ちゃんなど単発の子はもちろんいました)、中学生下着グラビア写真集の流れも作り(と、断定していいのだろうか? これは自信ありません)、「moecco」以降のジュニアアイドル雑誌ブームを作った(これは間違いないでしょう)、現在のU-15ジュニアアイドルブームの立役者、しほの涼ちゃんの記事、SPA!に載っているのは、当然過ぎます。


20070102SPA_U-15_2

[SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その2 しほの涼ちゃんの場合]の続きを読む
スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
2007年1月もあと数日ですし、SPA!2007年1/2・9合併号 のレビューそろそろしますか。2月にまたがるのは確実ですけど。
なんか見出しから飛ばしてますね、「姫スジ」って。

暴走する[U15-アイドル業界]最前線
しほの涼泉明日香、小林万桜etc.姫スジ&手ブラと過激さを増し急成長する陰で、年齢詐称疑惑や保護者批判が発生し警察当局も注目!?


 初めてこの単語目にしましたけど。U-15ジュニアアイドルのグラビアが過激化しているのを指摘するのにいきなり下半身から攻めますか。それにしても、「業界屈指のレビューワー REMOND氏」って、一体誰なんだ?(^^ゞ
15歳未満の季節限定アイドル市場が.いつの間にか急成長を連げていた。主要通販サイトでも週刊誌の巻頭グラビアにお目見えするようなアイドルに交じり、売り上げランキングの上位に名を連ねているのだが、そんなU‐15アイドル業界が、今ここにきて迷走している。今回、そんな業界の最前線をリポートした。

保護者同伴座談会も実施!

20070102SPA_U-15_1

過激路線で躍進する新興市場のローティーンアイドルたち!

ほしのあきを象徴とするアイドル高年齢化の陰で成長してきた妹系アイドル市場に、今、地殻変動が起きているという。
摘発の噂は?年齢詐称詐欺の噂は?最前線に迫る!


'05年の大ヒットDVD『さあや11歳』(撮影・会田我路)。出演の紗綾は、今やTOPアイドルの仲間入り。中学生グラビア誌『Chu→Boh(海王社)』に続き、小学生専門誌『Sho→Boh』も創刊しブームを後押しした

いつのまにか、泉明日香ちゃんがU-15ジュニアアイドルの代表格として扱われる場面が増えています。Tバック戦略は今のところ吉と出ています。
 ちっちゃいビキニの過激路線として注目された多田瑞穂ちゃんのこともたまには思い出してあげてください(´・ω・`)
[SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その1 REMOND氏の分析]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
そういえば、結局1度も行きませんでした、「萌バーガー」 1年もたずに潰れたそうです。
行ってないのに思い出も何もないのですが、唯一あるのは2006年9月2日にジュニアアイドルの仲村みうちゃんが行ったGyaO企画のイベント「みうみう祭」でのもの。
 このイベントは、アキバで隠れんぼというか、みうちゃんがアキバのあちこちに出没して、今どこにいるかのヒントを随時ブログに書き込んで、それを手がかりにファンが仲村みうちゃんを見つけるという企画でした。

☆(=´・ω・`=)☆
イベント来てくれたみんなありがとぉvVギャオさんのみうみう祭りの説明をしま?す☆明日12時秋葉原内を仲村みうがうろちょろします*みうがどこにいるのかはブログにUPするのでこまめにブログチェックしててね♪参加する人は必ず赤い服で来てください*必ずですよ!!!見つけた人にはいいことがある(結構豪華((笑*)よvVみんな探しに来てね♪さよならサンキューまた来てグッバイ♪本日9月3日(日)は秋葉原みうみう祭りです GyaO『ミスマガ!』の特別企画として本日9月3日(日)に秋葉原にて視聴者参加型の収録をいたします

投稿者:仲村みう 投稿日:2006-09-02 20:34:46

 そのなかで「萌バーガー」 の画像が出てきたのですが、全然わからない。というか、そのヒントで参加していたファン、誰もわからず、みうちゃんが「みつからなかったよー」と勝利宣言していました。
メイド喫茶の衣装のヒントもわからなかったなあ。
「萌バーガー」って、結局どんな店だったんだろう・・・・・・
.
去年10月発売の雑誌の感想、やっと今頃書いています。このペースだと、2007/01/13の「ジェネジャン緊急大激論!!未成年の性と生 」の感想なんて3月ぐらいになりそう。
 さて、FLASHの記事、最後のページは小林万桜ちゃんと吉沢真由美です。
万桜ちゃんは会田我路作品、吉沢真由美ちゃんは「天使の絵日記」シリーズの印象が強いです。いろいろなレーベルから作品出しているジュニアアイドルとは対照的です。よくいえば安定している、悪く言えばマンネリになりそうですが、同じシリーズで何作も出しているというのは、撮影側に対して信頼感があるからでしょうか。
 
この二人、最近「聖少女戦士 St.ヴァルキリー」という作品で共演していますね。



聖少女戦士 St.ヴァルキリー(DVD) ◆20%OFF!

では、本文へ。
[FLASH2006/10/24Jrアイドルブームその3 小林万桜&吉沢真由美ファミリー]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
久しぶりの更新がこんなニュースを取り上げることになるとは・・・・・
閉鎖騒動のあった掲示板の「U-15板」久しぶりにチェックしたら、チャームキッズスレの様子が変。
慌てて公式サイトをチェックしてみれば・・・
2007年1月16日ホームページを更新しました!
梅本静香山中真由美山中知恵、木村美樹、仲原亜美、浅見里穂
山浦志保が社内規程違反により謹慎処分が決まり活動を無期で休止します。
ご心配をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。


★撮影会中止のお知らせ
2006.1.15
【重要なお知らせ】
諸般の事情により1月28日開催予定だったチャームキッズ撮影会が中止になりました。

皆様には多大なるご迷惑をお掛けいたしまして、誠に申し訳ありません。
既にお申し込み及びご入金頂いたお客様には全てメール後返金をさせて頂いております。

連絡がまだないという方はお手数ですが、info@charmkids.netまでご連絡下さい、よろしくお願いします。

尚、2月25日のチャームキッズ撮影会は通常通り開催いたしますので、何卒宜しくお願いいたします


U-15板の関連スレではさまざまな憶測が飛び交っていますが・・・
いずれにせよ、U-15ジュニアアイドルファンとしては、新年早々愉快な話題ではないです。

ジュニアアイドル専門誌を除く一般誌(週刊誌)がジュニアアイドルブームを取り上げる場合、紗綾ちゃん、しほの涼ちゃん、小林万桜ちゃん、あるいは、去年からU-15の露出が過激化しているわかりやすい例としての切り口としての泉明日香ちゃん(週刊新潮ですよ)、三花愛良ちゃんなどがクローズアップされることが多く、チャームキッズは実はあまり出てきません。
 実際、去年出た写真週刊誌の増刊号「FLASH EXCITING」通巻96号 10月30日増刊号2006年9月22日(金)発売

「第6回U―19アイドル限定300人完全人気ランキング大名鑑2006→2007」
という企画に、チャームキッズ所属のジュニアアイドルが一人も載っていなかったので唖然となりました。
 まあ週刊プレイボーイは、梅本静香ちゃんをU-15特集で取り上げたことありましたし、なぜか週刊ポストが古井みずきちゃんの「ハナミズキ」を記事にした事はありましたけど。

 だけど、チャームキッズ、清純いもうと倶楽部では一大勢力ですし、おいも屋本舗なんて、2006年12月と2007年1月なんて、チャームキッズ月間じゃないか?というぐらい、チャームキッズメンバーのイベント入りまくってます。
2006年の最後が山田みらのちゃん で、2007年の最初は大咲ひかりちゃん 。
おいもや本舗の半分は、チャームキッズで出来ています。

 でもって、今回の謹慎処分の件ですが・・・・
[チャームキッズ7人「社内規程違反」で活動無期限の休止]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
小学生Tバック
まさか、と世間に衝撃を与えた作品。まだ12歳の本人が「Tバックはくよ」と自主的に申し出て実現したという。アップで迫る際どいシーンも多く、とても小学生とは思えない。
三花愛良「Touch me!?」(心交社)10月13日発売


児童ポルノ規制法案試行寸前の1998年に12歳で「ヘアヌード写真集」を出した「REONA」という少女モデルいましたが、特に世間は衝撃を受けたという事もありませんでした。
 それは積極的にアピールして販売したわけでもないし、それに2冊の写真集と引き換えに芸能活動をやめたからかもしれません。
露出度の高い写真集を芸能活動のブレークのきっかけにしたり、積極的に人前でサイン会をおこなったり、というのは極めてまれでしたから。
20061024Flash-U-15_2.jpg


小学生コスプレ
イメージDVDでは定番のコスプレも。バニーガール、メイド、ボディコンなどのコスプレで、じやれ合ったり、キスをしたりと大人顔負けの内容。妙に色っぼい雰囲気が。
愛田かんな&夢本エレナ
「萌えっコスブレ」(サイバービクチャーズ)発売中

 セクシー小学生といえば、スカイアクターズ東京ですか。
大人っぽい体型の三花愛良ちゃんのぞけば、愛田かんなちゃんも夢本エレナちゃんも鮎川穂乃果ちゃんもまだまだ子供体型だけに余計刺激的です。
さらに後ろには河西莉子ちゃんを含むU-10もたくさんいて、いったい何を仕掛けてくるか、スカイアクターズ東京から目が離せません。

ビキニにランドセル
元気いっぱいの3人娘たちが、海辺や体育館で大ハシャギ。なかでも、ビキニ姿にランドセルを背負って街を練り歩く、というコーナーがファンの間で人気を呼んでいるらしい。

残念ながら2006.12.31で活動休止した「キャットモデルプロジェクト」ですが、半年に満たない活動の割りに話題を振りまいてくれました。
 スクール水着にランドセル、というのは小学生アイドルのDVDではある意味定番ですが、キャットモデルプロジェクトって、スクール水着、ブルマ、制服、といった学校生活を連想させる定番コスチュームとはとことん無縁でした。唯一ランドセルだけはありなんですね。

初の中学生Tバックで話題騒然!

泉明日香 14歳
家ではヒールをはきウオーキングさせる徹底指導

 かつて自らも芸能界に身を置いていたというKOTOMIさんは、歩き方かたからグラビアのポーズまで家で明日香クンに練習させているという。そのかいあってかデビュー後すぐに初のTバック中学生として大ブレイク、今やU15ブ-ムの牽引役だ。とはいえ、中学生でTバックはちと過激だと思うけど・・。


野暮なツッコミすると、「明日香のTタイム」出る前のDVD作品、Tバックだったけど全然ブレイクしませんでした。
中途半端なTバックじゃ全然ヒットに繋がらない、と判断して、背水の陣で過激度のレベルが全然違う作品に望んだと勝手に判断しています。
2005年8月


泉明日香 アイドル魂Jr. part.1 DVD




アイドル魂Jr. 泉明日香 Part2(DVD) ◆20%OFF!

[FLASH2006/10/24Jrアイドルブームその2:KOTOMIさんのTバック]の続きを読む
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
.
 2006/12/26発売の「SPA!」2007.1.2/9号にU-15関連の記事が6ページにわたって載っていて、かつあの「子役DVD.com」の管理人さんがコメントを寄せているということで、U-15ファンのHP、掲示板、BLOG等で多くの感想が記述されています。
 記事としては今まで知らなかった事実も多く、2006年のU-15ジュニアアイドルブームを総括する意味では商業誌として一番よいのではと思われます(こういう記事は「週刊プレイボーイ」がやると思っていたけど、「SPA!」を忘れていました)
 オヤジ系週刊誌が取り上げたら、エロ系側面を強調しそうだし、新聞紙系週刊誌-週刊朝日、アエラ、サンデー毎日、読売ウィークリー、だったら父親視点から非難するような記事を書きそうです(「週刊ポスト」も書きそう)
女性週刊誌が書くにしても、母親視点からは、さほど好意的な記事は期待できそうにありません。

 ということで、資料としても非常に興味深い「SPA!」2007.1.2/9号ですが、内容及び関係者に、写真週刊誌FLASH 2006/10/24号と共通する部分が多いです。
このブログでFLASH 2006/10/24号取り上げてなかったので、今更ですがまずそちらを先に取り上げます。「SPA!」2007.1.2/9号には、今月中に言及できるといいなあ・・・・

20061024FLASH-U-15-1

[FLASH2006/10/24Jrアイドルブームその1]の続きを読む
.
サヨナラ、アキバ。

 私事ですが、今年から新しい場所で生活します。
それはいいんだけど、何が悲しいって、アキバに簡単にアクセス出来る場所じゃ無いこと。野を超え山越え、谷を越えなきゃたどり着けない。
 今までのように週末になったからといって、お気楽には行けなくなった
(´・ω・`)ショボーン
 
アキバが「オタクの聖地」といわれていても、実はさほど2次元の世界にははまっていないのでリアルのアキバじゃなくても困らないし、他に中野ブロードウェイもあるし、腐女子用には池袋もあるということで(でも結局全部東京じゃないか!)アキバを離れても問題なし。

 ですが、アイドル、特にジュニアアイドルに関して言うと、アキバへの一極集中ぶりが如実です。
関西の事務所所属のジュニアアイドルでも新作DVD出したらアキバでイベント行います。
 まあ昨今は、気がつくと「ロコドル」なんて呼ばれ方で地方アイドルが密かに増えたりもしています。

※ロコドルについては、癒しを求める小さき魂さんのレポート 
異界が放つ、萌えの一撃
萌える魂の慟哭 コニーズ登場!
が興味深いです。


でも、でも、やっぱり圧倒的にイベントが多いのはアキバなんですよ。というか、アキバだったら1日で2店、3店も回ってイベントやるけど、その代わり名古屋も大阪もイベントしません、なんてケースも多いこと!

[ジュニアアイドルファンだけど、アキバから卒業します]の続きを読む
テーマ→ヲタクのメモ / ジャンル→日記
.
 もう去年のお話になるんですが、秋葉原デパート閉店ですね。
ここはアキバに飲食店が少ない当時はよく利用していましたね。というか去年飲食店が増えてもちょくちょく利用していました。
1Fのカレーショップが、辛味ソースが何種類もあって違いを楽しんでいました。
そんなにヘビーに利用していた訳ではないですが、ユニクロに100円ショップにQBハウスと何度も足を運んでます。

アキハバラデパートが閉店した

 変わった思い出としては、去年9月に仲村みうちゃんがGyao!!の企画で、アキバでみうちゃんを探す
「秋葉原仲村みうみう祭り」を行ったとき、アキバに向かう途中で改めてみうちゃんのブログ見直していたら、
「参加したい人は赤い服を着てきてね」とあって、あわてて秋葉原デパートのユニクロで急遽赤いTシャツを買ったことがあります。

まあ駅ビルのおしゃれさとは無縁だったのがアキバぽいと言えばそうなんですが、外観の古臭さは隠し切れなかったので、それほど感慨深くはありません。
テーマ→今日、気になったネタ / ジャンル→ニュース
.
 新年明けましておめでとうございます。
昨年中はいろいろお世話になりました。

もっと書くこといっぱいあるけど、新幹線の時間が迫ってきているのでとりあえずここまで!

さああ、今年もU-15ジュニアアイドルファン道を貫くぞ!
業界の健やかな発展を願って、初詣だ!

それにしても、何で曙はあんなに使えないんだ!
シルバが「俺、勝っちゃったけど、いいの?」みたいにびっくりしていたじゃないか!
勝たせてもらうマッチメークであっさりギプアップって、どこまで空気読めないんだ!


いずれにせよ、今年もよろしくお願いします!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。