U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップ> スポンサー広告AllAbout U-15ジュニアアイドルブームについて
.
「アイドル・タレント」カテゴリー再開致しました。どうぞ宜しくお願い致します。

今月になって、AllAboutのアイドル関連、ジュニアアイドルに触れていて、まさに「ガイド」としてふさわしくなっています。「くまぇり」にも触れていたりして、タイムリー!

芸能界デビューの低年齢化と昨今のアイドル
でもやはり基本ラインでは若くて可愛らしい新星に注目が集まるもので…前回の記事にもしたようにU-15の新人が成長していく過程を楽しんでいるアイドルFANがアキバには多いと思います。昨年はそんな中でも「紗綾」というずば抜けた妖精が誕生!「アキバの星」から「全国区のアイドル」になるのは確実視されていて王道への路線を着実に歩み始めています。

彼女は、小学生であった去年の年末にお会いしていますが、それから中学に進学したり集英社から写真集が発売されたり、5月に「SweetKiss」が解散したりとめまぐるしい展開を向かえました。

 ははは、アキバは単なる通過点ですか。

この記事もわかりやすいかも。
06夏・U-15アイドルの人気と活躍
 中学生グラビアアイドル四天王は、「しほの涼・多田瑞穂・岸波梨穂・仲村みう」ちゃんですか。


2005年に流行した「エロかっこいい」ブームがU-15のグラビア業界にも影響を与えたと思われる昨今の過激路線…歓迎する面はもちろんありますが、往年の美少女好きのFANのみなさんにはちょっと逆風と思えるのかもしれません。

今までのU-15とかジュニアアイドルというくくりには、そういった過激さや露出に焦点は特におかれていない。そこをあえて楽しもうとするFANはいたって「コア」・「マニア」扱いされていたのに、ここにきてもう一つの柱になってしまったのですから驚きです。


 そうなんですね、ちょっと手放しで喜んでいていいのか?と疑問は感じますけど、ついついチェックしちゃうんだなあ・・・

ブログランキングに参加してます。
バナーを押すとまたまた素敵なジュニアアイドルが登場するかも。

スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
トップ> U-15・ジュニアアイドルAllAbout U-15ジュニアアイドルブームについて
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokusekimoso.blog28.fc2.com/tb.php/120-18ec2748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。