U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップ> スポンサー広告FLASH2006/10/24Jrアイドルブームその3 小林万桜&吉沢真由美ファミリー
.
去年10月発売の雑誌の感想、やっと今頃書いています。このペースだと、2007/01/13の「ジェネジャン緊急大激論!!未成年の性と生 」の感想なんて3月ぐらいになりそう。
 さて、FLASHの記事、最後のページは小林万桜ちゃんと吉沢真由美です。
万桜ちゃんは会田我路作品、吉沢真由美ちゃんは「天使の絵日記」シリーズの印象が強いです。いろいろなレーベルから作品出しているジュニアアイドルとは対照的です。よくいえば安定している、悪く言えばマンネリになりそうですが、同じシリーズで何作も出しているというのは、撮影側に対して信頼感があるからでしょうか。
 
この二人、最近「聖少女戦士 St.ヴァルキリー」という作品で共演していますね。



聖少女戦士 St.ヴァルキリー(DVD) ◆20%OFF!

では、本文へ。
20061024Flash-U-15_3.jpg


ファンを悩殺する天使の微笑み
小林万桜 14歳

どこまでの露出がOKか?
たまに夫婦でモメるんです

 買い物に行く途中、TV局のプロデューサーに声をかけられたことがきっかけで、この世界へ飛び込んだ万桜クン親子。小6のときに万珠さんが事務所を立ち上げて独立、それからグラビアの仕事もこなすように。
ママ「女性と男性だと露出の危険度みたいな価値観が違うんですよね。私は、Tバックはとんでもない!って思っているんです。だって、あんなの大人の女性だって普通にはかないじゃない。下乳もダメ。手ブラはキレイだし、ちゃんと隠しているからいいの
パパ「女性はキレイかどうか、で見るんです。
でも、自分が欲しいと思うものを男は求めていると思うから、そういう画を撮ろうとはします。売れないと困るし、かといってやりすぎるのもどうかと思うし・・・その中間点を探しています」 すでに8冊もの写真集をリリースしているその人気も、こうしたボーダーラインのせめぎ合いで成り立っているのだ。男性ファンからの目線も「仕事だからまったく気にしていない」というビジネスに徹した姿勢に驚かされるが、そこはまだ14歳。熾烈なU15市場に踊らされることなく育っていってほしいものだ。

×:Tバックはとんでもない!
○:手ブラはキレイだし、ちゃんと隠しているからいいの

冷静に考えたら、露出面積というか隠れていない部分は、Tバックのほうが手ブラより多いですね。
手ブラなんてチューブトップの水着や、ノーマルのビキニでも肩ヒモはずしてそのうえから手で隠せばいいだけで、別に上半身本当に全部脱がなくても出来ます。
 でもTバックは本物のお尻です。

小林万桜ちゃんの場合、紙媒体の写真集もさることながら、ダウンロード写真集の多いこと!
電子書店パピレスで「小林万桜」で検索かけたら138点ヒットしました。

>男性ファンからの目線も「仕事だからまったく気にしていない」というビジネスに徹した姿勢グラビアの仕事だと、「性の商品化」なんて陳腐な批判がどうしても聞こえてくるでしょうけど、別に女性が素肌を男性の前にさらすことがタブーの文化圏でもないし、へんにためらいをもたれるよりスパッと割り切ってもらうと見る側も安心できます。



小林万桜/万桜14歳 万開(DVD) ◆20%OFF!



泡風呂入浴シーンも!
吉沢真由美 11歳

最初は子供のパンチラなんてエッチなものだと思わなかった

 DVDの累計売り上げ本数はJr.業界1位というまさに小さな巨人・吉沢真由美クン。
彼女が主戦場とする『天使の絵日記』シリーズは、泡風呂、水中撮影などの演出を取り入れたJr.DVDのパイオニアだが、実はその数々の作品を撮っているのは真由美クンのパパなのだ。
 「俺はもともとマンガを描いてたんですけど、イメージビデオメーカーの企画で監督なんかやらせてもらってるうちに、だんだん映像のほうが面白くなっちやって」
 いまはもう筆を折って、Jr.アイドルのDVD制作を本業にしているという。独特の感性が見事にハマッて、笑太郎さんの美少女モノは大ヒットしたわけだが、自分の娘のビデオを作るってどうなんすか?
 「俺自身は、子供のパンチラなんてエッチなものだとは思わなかったんですよ。ただし、お客さんは当然一人の女性として見てますよね。それは、高校生や大人のアイドルのビデオだってみんなそう。そこを理解したうえで、娘の芸能活動をサポートしてるっていう気持ちですけどね」
 本人にとっても、DVDのリリースはあくまで一つの過程、これを踏み台にして女優や歌手という夢を実現してくれればいいという。真由美クンの場合も、「ゴマキになりたい(はあと)」という本人の希望がきっかけだったそうだ。
 「だから、本人がダレてくるとすぐに家族会議ですよ。『お前がやりたくないんなら、もう辞めなさい』って」
 そんな家庭で育てられた真由美クンのお小遣いは、世間並みの500円/月だそうデス。


>>俺自身は、子供のパンチラなんてエッチなものだとは思わなかったんですよ
つまり、「俺はロリコンじゃねえぞ」と。実の娘で10歳以下だったら、それはいたってノーマルです。

>>お客さんは当然一人の女性として見てますよね。それは、高校生や大人のアイドルのビデオだってみんなそう。そこを理解したうえで、娘の芸能活動をサポートしてるっていう気持ちですけどね
だけど、ユーザーは一人の女性として見てます≒意訳すればセクシャルなニュアンスを求めている、まだ小学生だけど! でも、娘が性的好奇心の対象になっているのはわかったうえで、応援しています、ということですか。
 入浴シーンや着替えシーンなんて、微妙な年頃になったら父親には見られたくない!というイメージがあるのですが、吉沢親子にはあてはまらないようです。
それにしても吉沢真由美ちゃんは、細くてかわいいなあ。

吉沢真由美 11才/天使の絵日記・ラストスマイル(仮)


SPA!の感想は、2月になるかも。
スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
トップ> 週刊誌FLASH2006/10/24Jrアイドルブームその3 小林万桜&吉沢真由美ファミリー
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokusekimoso.blog28.fc2.com/tb.php/269-d2e73427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 生まれて初めての制服や水着で緊張しちゃった!とにかく元気いっぱいの女の子、撮影後はもう、グッタリ!可愛い水着や制服がいっぱいの映像です。
2007/02/10(土) 02:38:27 | アイドル動画への道
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。