U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップ> スポンサー広告SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その5 「チビッ子エロかわダンス選手権」は子供の性の商品化!?
.
U-15ジュニアアイドルのグラビア過激化の話題では、「親は一体何を考えているんだ!」という意見が出てくるのは当然です。
中には「父親ロリコン説」を主張している人もいます。
「SPA!」の記事の前に、まずはそこから。

 「父親ロリコン説」を唱えているのは、2004年の時点で最近のジュニアアイドルのグラビアはいきすぎで性の商品化で問題あるからやめるべきだと指摘し、さらにミニモニ。のプロモビデオに出てくる牛乳は白い液体なので(ry ←ちょっと妄想じゃないか?
ハロプロファンから顰蹙を買った森岡正博氏です。

自分の性癖をカミングアウトしている「感じない男」より

少女たちの親は何を考えているのか

。写真集を見てやはり疑問に思うのは、この少女たちの親は、何を考えているのだろうということだ。もちろん、親が借金などの事情を抱えているケースや、脅かされているケースもあるだろう。しかしすべてがそうだとも思えない。親が承諾する理由は推測するしかないが、母親は、アイドルとして人目を引いて脚光を浴びていくだろう娘に、自分白身を重ね合わせて、女としての達成感を昧わっているのかもしれない。
 しかし父親はどうなのか。自分の娘が、こんなように性的に扱われても文句を言わないのか。だが、考えてみれば、九歳から一四歳の娘を侍つ父親と言えば、三〇代後半から、四〇代半ばであろう。つまり、これら写真集の少女たちの父親白身が、ロリコンである可能性があるのだ父親本人が、娘の画像に萌えているかもしれないのだ。このように考えると、やりきれない気侍ちになる。父親も母親も文句を言わず、少女本人は写真を撮られることがうれしい。ジュニアアイドル写真集やDVDは徐々に裾野を拡大し、社会全体のロリコン化を押し進めていくことになるだろう。



感じない男



この『感じない男』は相当話題になったようですが、リアルタイムでの反応見ていなかったのでコメント・感想はよく知りません。この本に去年の夏気づいたときにはもうすでに膨大な数の言及サイトがあってチェックする気力なし。ああ、かなり反響あったんだなあ、ぐらいはわかりますが。
 それでもって、森岡正博氏、2005年12月24日の朝日新聞関西版に、
幼い心の商品化なぜ許す―ロリコン社会・犯罪の根源・相次ぐ少女殺害事件」との記事を載せています。そういえば、WEBに載る前、関東でこの記事を読みたいがために、わざわざ国会図書館まで足を運んでチェックしたなあ・・・・
 
速水由紀子は、ロリコンは日本の「国民病」になったと指摘している。これが誰の目にも明らかになったのは、モーニング娘。が話題沸騰したころからであろう。彼女たちへの視線がきわめて「性的」なものであり、12歳前後の女の子のイメージがいかにして性的商品として堂々と販売されたかについては拙著『感じない男』でも詳述したとおりである。
ここにきて、その流れは怒濤のように小学生低学年の女の子へと押し寄せてきたように思われる。たとえば、来年1月に発売予定の8歳の女の子のDVDがある。これは著名なインターネット会社のホームページを通して誰でも購入できる。DVDの表紙には、セパレートの水着を着て、プールサイドの椅子に座ってこちらをじっと見つめる女の子の全身が写っている。膝を立てるポーズをしているので、下半身が視野の中心に入るようになっている。文章では説明しにくいが、写真を見れば、そこに性的な意味がこめられていないと強弁することはほぼ不可能であろう。

 この中に出てくる作品は「天使の絵日記」シリーズの「雅舞 無邪気に舞って」だろうと推定されています

雅舞/天使の絵日記 雅舞8才 無邪気に舞って【数量限定特価3000円均一】



天使の絵日記」シリーズといったら吉沢真由美ちゃんの代表的シリーズ、吉沢真由美ちゃんのパパは笑太郎氏。
FLASH2006/10/24Jrアイドルブームその3 小林万桜&吉沢真由美ファミリー

>>父親本人が、娘の画像に萌えているかもしれないのだ。
あ、森岡氏、案外いいところついているかも (^-^)
でもFLASHの記事じゃ、当然ながら笑太郎氏、自分はロリコンじゃねえ!といっています。


吉沢真由美/天使の絵日記 吉沢真由美・10才 シーサーとにらめっこ【数量限定特価3000円均一】




「 SPA!」と直接関係ない引用を踏まえたうえで、SPA!の記事の続きです。

子供の性の商品化に抵抗が薄いでいらる!?


 とんち和尚氏が続ける……。

「日テレの人気バラエティ『ウタワラ』内で、小学生以下の女の子がセクシーな踊りを競い合うチビッ子エロかわダンス選手権”が、'06年10月に開催された放送倫理委員会の席で問題視されました。こういった番組が裾野を広げていることが影響してか、ジュニアアイドルの子供たちがセクシーさの競い合いに執着するだけでなくその親までもが子供の性を商品化することに抵抗がなくなってきているという見方もあるんです……。

 どこかで歯止めがかからないと、本当にこの業界が好きなファンにとっては、突然、終止符を迎えるときがくるかもしれない。チキンレースは早く終わりにしてほしいですね」

 急成長の陰で、思わぬ展開が待っていてもおかしくない流れにあるようだ。さらに、膨張するマーケットにつけ込んだ詐欺紛いの「ビジネス」を目論むメーカーも現れていると、前出のREMOND氏は指摘する……。

 「朝木智美のDVDが回収騒動になったときは、4000円程度の定価にプレミアムが付いて中古品に3万円前後の値がつきました。これを当て込んでか、一旦、アマゾンなどの通販サイトで販売中止としておきながら、一般DVD店では普通に売っているというケースもあります。まぁ、値段は定価で売っているので違法性はありませんが、割引率が高くメーカーに旨みのない通販サイトで流通させるよりは、利幅の大きい店頭でサバきたいというところなんでしょうけどね。まぁ、この手の噂が上がると、すわ発禁物か!?‥と、過激なものを好むファンはとりあえず買いに走る……。ユーザーー心理をうまく突いているとは言えますが、感心はしませんね」

 内容の過激化、荒稼ぎに走る新規参人組、そして「お宝」を追い求めるユーザー・・・。その中心地に図らずも身を置くジュニアアイドルたちの行く末は、いよいよ予断がならない。


 はいはい、「チビッコエロカワ選手権」ですね。これは、ホント、見て反応に困ったんだよな。見る前からそわそわしたというか、見たいような見たくないような変な気分になったの覚えています。見たくない心理というのは、そんなゴールデン・タイムにおおっぴらにそんな企画流さないでくれ!深夜ならいいけど、ゴールデンタイムはまずい!といったところです。

ウタワラ夏休みスペシャル 嵐も倖田來未も青木もカトゥーンも松浦もアッコも友近も彦摩呂も猫ひろしも勢揃い!真夏の超豪華特別版
07/30(日) 後07:58 >> 後09:54  日本テレビ
[S][H] 音楽/バラエティ総合

極上伊勢エビ&10万円ステーキに亀梨大興奮▽チビッコ倖田來未が大集合!!ダンス選手権▽前代未聞!ズブぬれ嵐スペシャルライブほか
出演者/松本潤 KAT-TUN 松浦亜弥 アンジャッシュ 長井秀和 青木さやか 友近 陣内智則  ゲスト/嵐 倖田來未 エレキコミック
※人名をクリックすると、その人の出演番組を検索できます。

「KAT-TUNの記憶力グルメツアー」では、KAT-TUNが最高級のステーキや伊勢エビを懸けて、記憶力クイズに挑む。街の中で起こるさまざまなハプニングを基にクイズが出題される。「ウタワラ 女ののど自慢」は、青木さやかの過去のエピソードを再現VTRで見せ、思い出の曲である渡辺美里の「いつかきっと」を、青木自身が歌う。「目指せ倖田來未!チビッコエロカワ選手権」には全国から小学生以下のダンス好きの女の子たちが参加。かわいいダンス選手権をスタジオで開催する。


日本テレビ系「ウタワラ夏休みスペシャル 嵐も倖田來未も青木もカトゥーンも松浦もアッコも友近も彦摩呂も猫ひろしも勢揃い!真夏の超豪華特別版」
「目指せ倖田來未!チビッコエロカワ選手権」では、全国から小学生以下のダンス好きの女の子たちが参加します。
スタジオでかわいいダンス選手権を開催します。

 見終わった後は、どっと疲れました。すぐ思ったのは
「これはまずいだろう!!相当クレーム来るだろうな、年端も行かない少女にセクシーな衣装着させて意味もわからないまま男を誘惑するようなあどけない姿態させたりして、それをゴールデンタイムに流すなんて。大体、"チビッコ"に"エロカワ"はまずいだろう、何考えてんだろ、誰か企画止めるやついなかったのか、あーあ、日本テレビやっちゃった、もう知らない」  その夜、感想知るためgoo blogでチェック、問題視している感想が多いんだろうな、と思ったら・・・・・・
意外と肯定的な感想が多くてびっくり、否定的だったのは、「こんなの流したら、ロリコン共はよだれ流してウハウハ喜んだろうな」なんてことを書いていた17歳男子高校生ぐらいで、ほとんどは「かわいかった」といったところ。もっとも、大部分がKAT-TUNファンらしき女性のブログが多かったせいもありますが、なんだか違和感ありあり。

 ロリコンは喜ぶだろう、というのもステレオタイプな見方というか、会田我路氏じゃないけどナチュラルな年相応の少女がいいのであって、メイクをきっちりした「ちいさな大人」みたいな少女はどうもだめ。これは個人的な意見ですけどね。
 というか、艶かしいメイクをした幼い少女というのは、「タクシー・ドライバー」に出てくる幼い娼婦、あるいは東南アジア諸国で先進国の成人男性相手に売春しているストリート・チルドレンのイメージとオーバーラップしてしまい、苦手です。極端な話、「チビッコエロカワ選手権」は女衒で幼女が大人を誘っているようで、正視できない。
 だけど、「あれ?あんな企画でも視聴者は肯定的に受け入れちゃうのか、お姉さん視点からだと、女の子たちかわいいで終わっちゃうのか・・・、ドキドキハラハラしながら見ていた自分がバカみたいだな・・・・」

 それから数ヵ月後。


★放送倫理機構:子供対象番組に配慮要望

・放送倫理・番組向上機構(BPO)の「放送と青少年に関する委員会」(青少年委員会、
 委員長=本田和子・お茶の水女子大名誉教授)は、少女を性的対象にする風潮を増幅する番組が目立つとして、BPO加盟の民放各局とNHKに配慮するよう要望した。

 今年夏ごろ、視聴者から「子供に好ましくない番組がある」などの意見が十数件寄せられていたという。

 要望は、少女売春を風俗上の関心事として扱うなど「児童の性と性意識の発達に関する
 権利と福祉を侵害する」番組が目立つとし、子供を対象にした情報系番組を制作する際は、
 民放連の「放送基準」の趣旨を守るよう求めている。



BPO/放送倫理・番組向上機構●2006年9月
 9月26日に開催した今年度第5回青少年委員会(通算71回)では、前回委員会で審議予定とした日本テレビ『ウタワラ』をはじめ、低年齢層の子どもたちを性的対象とする番組全般、山口県徳山高専女子学生殺害事件の実名報道などについて審議。また、7月19日~9月15日までに青少年委員会に寄せられた視聴者意見ならびに8、9月分の中学生モニターからの意見を基に審議したほか、調査・研究活動や中学生フォーラムについて検討した。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆◆ ◆◆ ◆◆ ◆◆ ◆ 

◆日本テレビ『ウタワラ』の「チビっ子エロかわダンス選手権」について

 前回委員会では、放送前であったため、委員がビデオを視聴したうえで審議に入り、次のとおり意見が出された。

親が娘の性を商品化としていることに対して、自覚が足りないのではないか。国際的に見て幼い少女の性的被害が問題になっている時に、公共の電波を使ってあのような映像を流すことは問題だと思う。

▽最近、子どもを使ったダンス選手権といった番組がよくあるが、テレビ局側は子どもを利用して視聴率を取っているという構図が全般的に見られる。

▽学芸会的な微笑ましいダンスを混ぜることで、全体的な雰囲気を緩和しようとする意図は感じられるが、中にはショックを受けたものもある。局としてテレビの公共性をどう考えているのかと改めて思った。

▽10年位前はエロという言葉がテレビ番組に堂々と出てくること自体ありえなかった。エロという言葉を子どもに使ったり、日常のなかに平気で飛び交っていることに違和感があり、嘆かわしく思う。

▽性的な事件との因果関係を見つけることは難しいが、ある特定の人にとっては、幼い少女に性的な欲求を抱くこともあるのではないか。また、子どもが成長している時に、早くからエロティシズムを喚起して何のメリットがあるのかと感じた。

▽児童ポルノ禁止法や児童の権利に関する条約の議定書は、“子どもを性の対象として扱うことは、子どもが被害者になることだ”ということが前提になっている。そのことがあまり理解されていない。子ども本人は勿論のこと、親がいいといっても子どもの人権から見ると親も加害者になる。放送局は子どもにとって最善の利益を考えてほしい。

 
なお、今委員会で審議した内容については、当該局に文書で報告した。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆◆ ◆◆ ◆◆ ◆◆ ◆ 

低年齢層の子どもたちを性的対象とする番組への要望について

 上記の『ウタワラ』での審議を踏まえ、前回委員会で申し合わせたとおり、最近のテレビ番組全般に見られる性的対象の低年齢化傾向について、個別番組に対してではなくテレビ界全体の問題として考え、青少年委員会として要望を出すこととした。
  要望書の作成にあたっては、本田委員長、大日向委員、山田委員が起草委員となり、次回委員会で更に検討・審議することとした。



日テレに「未成年者を性的対象にしている」クレーム
 日本テレビに、「未成年者を性的対象にしている」というクレームが舞い込んだ。折しも、妊娠する中学生を志田未来(みらい)(13)が熱演中のドラマ「14才の母」が高い評価を得ている真っただ中。ドラマとは関係ないが、余計なところでミソをつけてしまった格好だ。

 問題となった番組は、人気音楽バラエティー「ウタワラ」の「夏休み2時間スペシャル」(7月30日放送)。

 小学生以下の女子がセクシーな踊りを競い合う「チビっ子エロかわダンス選手権」というコーナーに、地方予選を勝ち抜いた2-12歳の計9組が参加した。

 参加者は、へそを露出した衣装や激しく腰を揺らす振り付けを披露。番組レギュラーの和田アキ子、友近らとともに、「エロかわブーム」の立役者・倖田來未(23)が審査を行った。

 だが、これが9月26日に行われた放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会で問題に。

 「親が娘の性を商品化していることに対して、自覚が足りないのではないか」「エロという言葉を子供に使ったり、日常のなかに平気で飛び交っていることに違和感があり、嘆かわしく思う」-など否定的な意見が続出した。

 BPOはこの審議内容を日テレに文書で報告。名指しはしなかったが、加盟する民放各局とNHKに、少女を性的対象視する番組が目立つとして、番組制作への配慮を要望した。

 この要望について、日テレの久保伸太郎社長は定例会見(10月30日)で「一般論として真摯に受けとめている。局長会議ではコンプライアンスの問題について注意を喚起している」と述べた。

 「BPOの反応は過剰だ」(放送関係者)という声もあるが、「エロかわ」はオトナにまかせた方がいい。



ウタワラ(Wikipedia)
2006年7月30日放送(ちなみにこの回が最高視聴率である13.6%)の「夏休み2時間スペシャル」(この時は19:58~21:48に放送した)では、「エロかわいい(エロかっこいい)」歌手として有名な倖田來未をゲストに、小学生以下の女子がセクシーな踊りを競い合う「チビっ子エロかわダンス選手権」というコーナーに地方予選を勝ち抜いた2~12歳の計9組が参加した。参加者は、へそを露出した衣装や激しく腰を揺らす振り付けを披露したが、放送終了後、視聴者から苦情・抗議が殺到。9月26日に行われた放送倫理・番組向上機構の青少年委員会で問題として取り上げられ、「親が娘の性を商品化していることに対して、自覚が足りないのではないか?」、「エロという言葉を子供に使ったり、日常のなかに平気で飛び交っていることに違和感があり、嘆かわしく思う。」などの意見が続出、この審議内容に基づき、日本テレビに文書で報告。名指しこそなかったが、加盟する民放各局とNHKに対し「児童の人権と福祉の観点からも憂慮すべき傾向であり、このまま看過することはできない。」と、番組制作への配慮を要望した。この要望について、日本テレビの久保伸太郎社長は10月30日の定例会見で「一般論として真摯に受けとめている。局長会議ではコンプライアンスの問題について注意を喚起している。」と述べた。この事件以降、この番組は低俗番組と称され、批判されることが多くなっていた。また、一部から日本テレビのイメージに合わないと言う人もいた。

 ああ、そうかやはり問題あると思っていた視聴者が多かったんだな、とほっとしました。さすがにゴールデンタイムで流しちゃまずいだろうと。




あともうひとつ、気になったのがエロカワ
この言葉も、苦手です。
長くなったので、一旦分けます。


ブログランキングに参加してみました。
ポッチポチしてくれると「エロカワ」ブームがもっと過熱化するかも  (*^▽^*)  


 
 関連記事

SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その4 「おいも屋本舗」の客は良い客だ
SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その3 会田我路氏がAVメーカーの参入を憂う
SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その2 しほの涼ちゃんの場合
SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その1 REMOND氏の分析
スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
トップ> 週刊誌SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その5 「チビッ子エロかわダンス選手権」は子供の性の商品化!?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokusekimoso.blog28.fc2.com/tb.php/280-59eb5dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。