U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップ> スポンサー広告SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その5の2 「チビッ子エロかわダンス選手権」は子供の性の商品化!? 後半
.
前半の続きです。

>>▽10年位前はエロという言葉がテレビ番組に堂々と出てくること自体ありえなかった。エロという言葉を子どもに使ったり、日常のなかに平気で飛び交っていることに違和感があり、嘆かわしく思う。
 どうも「エロ」というのは、エロ親父、エロジジイ、エロ本、エロビデオといった感じの、かなり卑猥なイメージが強いです。「エロティック」だったらおしゃれになるけど。
もちろん「エロカワ」で使われる「エロ」は、オヤジ系サブカルチャ-(スポーツ新聞、夕刊タブロイド紙、ヌードや風俗情報が載っている週刊誌、月刊誌、、読者を「お父さん」と呼んでいるような雑誌等)の文脈で使われる、下品でねっとりとしたいやらしい性的なニュアンスを含んだものではなく、単に「セクシー」や「コケティッシュ」程度の軽い意味でしかない、というのは十分わかってはいるんですけどね。
 でも、「エロカワ」と聞いたとき、使う側は「エロカワ」でひとつの意味を持つ言葉として軽く使っても、受け取り手側で「エロ」+「カワ」と分けてしまい、長い間使われている、旧来のオヤジ系サブカルチャーでの「エロ」のイメージを連想する人はまだ多いでしょう。

このブログでも、以前は「エロかわ」という単語に強い拒絶反応を示していましたが、今はかなり意図的に使いまくっています。
それは、今は無き「キャットモデルプロジェクト」についての記事を書くとき、どうしたってエロカワ」「エロかわ」「エロかっこいいという単語を使わないとうまく説明できなくて、それにU-15ジュニアアイドルのDVDの宣伝コピーにもたくさん使われだして、「妹 会田我路完全制覇」や「清純いもうと倶楽部」でも使われ、当然ながらお菓子系雑誌ではガンガン多用されるので、「エロカワ」という単語に慣れないとU-15の記事書きにくいなあ、ということで自分を鍛えました。


高見あいら&COCORO&鶴田里緒/Cat Model Project Vol.4



笠井綾那、RINA、奥居杏南/Cat Model Project Vol.12


 

 オヤジ系サブカルチャーの代名詞のような夕刊タブロイド紙、そのひとつ、日刊ゲンダイでもこんな記事があったりしました。
そういえば、一時女性をターゲットにした夕刊紙「東京レディコング」というものが発行されたけどすぐに廃刊になったりして。

業界は次から次へと“エロ、エロ” (ゲンダイネット)
 なんとも品のない言葉がはやりだしたものだ。「エロ」である。昨年、倖田來未が「エロかっこいい」でブレークして以降、業界では次から次へと「エロ」の大安売りだ。
「早い話が日テレの『チビっ子エロかわダンス選手権』。バラエティー番組『ウタワラ』の一コーナーで、“目指せ!未来の倖田來未!!”と題して、チビっ子にエロを競わせている。当初は子供をエロと呼ぶことに疑問視する声も多かったが、番組分計で、そのコーナーがハネ上がることが分かると、そんな声も消えてしまった」(制作関係者)[PR]

 いや、何もテレビ局に限ったことじゃない。女優から歌手から、みんな「エロ、エロ」なのである。
「女優の上戸彩や観月ありさも“エロ路線”でしょう。上戸は、少年っぽいこれまでのイメージから大人の恋が出来る女優になろうと躍起になっている。一方の観月もCA役を演じるドラマで、制作スタッフが目のやり場に困るくらいのミニスカ姿を披露している。黒木瞳も奥菜恵も“参戦を計画中”といわれています」(芸能プロ関係者)
 ついには、倖田が所属するレコード会社の大先輩・浜崎あゆみも軍門に下った。40枚目のシングルとしてリリースされた「BLUE BIRD」の宣伝活動の一環ではあるが、全国ツアーやPVでピンクの下着姿や白ビキニ姿を披露している。
 今さら「嘆かわしい」なんて言うつもりはないが、でも、あんまり押し売りされてもなぁ……。
【2006年8月2日掲載記事】


でも、そんな「日刊ゲンダイ」普段はとっても「オヤジ」臭い記事書いているんだよなあ。

いよいよ梅雨明け。今年の夏はミニスカが大流行というからウレシイじゃ
あ~りませんか。実際、街中にはミニスカギャルがこんなにあふれている。
いやー眼福ですな。
記者がスケベなだけなのか? 最近、街中や通勤電車の中でミニスカのギャルがやけに目につく。ミニといっても「膝上何センチ」というレベルじゃない。
パンティーが見えそうな「股下数センチ」しかない短いスカートで街を闊歩(かっぽ)する女の多いことといったら!
そんなミニスカ女たちは、ストッキングをはかずに決まって素足。ちょっとかがめばスカートの中が拝めそうで、妄想がふくらむ。目の前においしそ~なナマ太ももを露出されてはタマランチ会長だ。

●ホットパンツで脚線美を誇示
「股下数センチタイプの短いスカートは、マイクロミニと呼ばれるもの。今年はこのマイクロミニが大流行しています。夏のファッションはナマ足が基本。
ハリウッドセレブの影響や、エロかわの流れを受けて、スカート丈は短ければ短いほどカッコイイという風潮ですね。ピタピタのホットパンツも夏に向けて流行の兆しです」(ファッション誌編集者)
(略)
●見せパンどころかノーパン派も
ところで、マイクロミニの中はどうなっているのだろう。男としてはパンツが見えそうで気が気じゃない。パンチラ対策として、見せてもいいパンツをはいているのか?
「わざわざ見せパンをはく子は少ないですね。制服のミニで慣れているし、彼女らは“見えそうで見えない”こともわかっている。普通のパンツをはいていると思いますよ。ただし、ホットパンツの場合は、かっこよくはきこなすためにノーパンの子もいます」(ギャル雑誌ライター)

長かった梅雨も明け、いよいよ本格的な夏。超ミニが街にあふれる今年の夏は、一段とアツくなりそうだ。


結局「エロカワ」は、2006年の流行語に選ばれ、堂々と一般紙にも載ってしまいました。
それじゃ小学生に使っても問題なしとお墨付きをもらったようなもんですね(ホントか?)


この賞は、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。
2006 トップテン
◆エロカッコイイ(エロカワイイ)
受賞者:倖田來未(歌手)
ボンデージにバニーガール、下着など、際どい衣装で一気に人気者になった倖田來未。彼女のセクシーな衣装やスタイルは、「カッコイイ・カワイイ」ファッションとして認知され、肌を露出する女性が増加した。



ブログランキングに参加してみました。
ポッチポチしてくれると「エロカワ」ブームがもっと過熱化するかも  (*^▽^*)  


 

 関連記事

SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その4 「おいも屋本舗」の客は良い客だ
SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その3 会田我路氏がAVメーカーの参入を憂う
SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その2 しほの涼ちゃんの場合
SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その1 REMOND氏の分析
スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
トップ> 週刊誌SPA! 暴走する[U15-アイドル業界]最前線 その5の2 「チビッ子エロかわダンス選手権」は子供の性の商品化!? 後半
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokusekimoso.blog28.fc2.com/tb.php/281-1bf3fb0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
映画界最大の祭典、第79回米アカデミー賞の発表・授賞式が25日(日本時間26日)、ロサンゼルスのコダック・シアターで開かれた。 助演女優賞にはアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「バベル」に出演した菊地凛子(26)⇒画像が候補入り。日本人俳優では
2007/02/26(月) 13:11:23 | 速報!菊池凛子アカデミー受賞なるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。