U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップ> スポンサー広告お菓子系雑誌「クリーム」「ホイップ」久しぶりに買って見たが・・・
.
 お菓子系雑誌「クリーム」「ホイップ」を久しぶりに買いました。

きっかけは、これ。
「テラワロス」も現代用語――はてなキーワードと流行語の接点 (1/2)
はてなダイアリーキーワードを収録した「現代用語の基礎知識」が発売された。はてなキーワードは「ウィキペディア」など別のネット辞典よりも流行語に近いと、同書編集長は言う。

 11月4日発売の新語辞典「現代用語の基礎知識2006」(自由国民社)に、「はてなダイアリーキーワード」から選んだ105語が掲載されている。「ツンデレ」「萌え属性」といったオタク用語や、「テラワロス」など2ちゃんねる用語、「ささやき戦術」など耳慣れないものまで、選ばれた言葉は多彩だ。

 で、そのなかに、「お菓子系」が入っていたんです。はてなダイアリーの解説では、
セーラー服、体操着、スクール水着という三種の神器を備えたグラビア雑誌、またはアイドルタレント本人を指す。不思議な表現だが cream(クリーム) クレープ Waffle(ワッフル)ホイップ など、グラビア雑誌にやたら甘いタイトルが多い事に由来する。パブリックイメージから言うと小倉優子あたりがお菓子系アイドルの最右翼であろう。

文中では、お菓子系雑誌として、クリーム、クレープ、ワッフル、ホイップがあげられてますが、「コングミ」も、「紺組」と、お菓子の「グミ」を引っかけて入るという点では、お菓子系なのかな?
 このなかでは、「クリーム」がもう10年以上出版されている老舗というか、王道というか、本家、元祖的存在です。
 確か雑誌名の「クリーム」は、別にお菓子の「クリーム」ではなく、エリック・クラプトンがいた伝説のバンド「クリーム」から取ったと編集記事か何かで読んだ覚えがあります。
このジャンルでは、「クリーム」がずっと独走状態で、後発で「クレープ」が出たときに、雑誌名といい、ロゴといい、全体の作り含めて、「クリームのパクリだ!」とその二匹目のドジョウねらう商売に半分呆れ、半分笑って結局買ってしまいました。

 その後、柳の下にドジョウは何匹もいたようで、ワッフル、ホイップ、その他もろもろ出て来て、誌名が明らかに甘いデザートを連想させるようなので、まとめて「お菓子系」と称されるようになったと記憶しています。

 長く「クリーム」は買っていましたが、なんか自然と買わなくなり、ときどきぽつっ、ぽつっと思い出したかのように単発で買っていました。最後に買ったのは、小倉ありすちゃんが載っていた号ですね。
 その小倉ありすちゃんも、AVのお仕事引退するそうで、9月だったか10月に秋葉原のラムタラに行ったら、引退記念のフィギュア付きDVDが売られていました。

 クリームには大きなピンチが2回あって、1度目は「ブルセラ」に対する社会的な批判、これは創刊してまだそんなにたっていないころかな?
何しろ、「セーラー服、体操着、スクール水着」と、完全に「ブルセラ」とかぶりますからね。
 ブルセラショップの存在がニュースの報道で広く世間に知られることになり、規制されるようになったとばっちりを「クリーム」も受けました。

2回目は「クリーム」だけじゃなく、お菓子系雑誌全体への影響ですが、1999年11月に施行された「児童ポルノ禁止法」、これの影響はとても大きかった。これが施行されたら、お菓子系雑誌、急におとなしくなって、全然違う雑誌みたいになっちゃった。
 モデルがそれまで高校生主体だったのに、いきなり18歳以上になってしまって、かなり落胆しましたね。それでもしばらくは、この冬の時期を乗り越えれば、と思って買っていたものの、元の路線に戻ることはなく、それにAV出演の前に「お菓子系雑誌出身」と宣伝するための登場が増え、そして普通にAV出ながら制服グラビアに登場する女の子が増え、どうもうれしさがなくなってきました。

 以前なら、グラビアに出ていたあの子が、名前を変えてAVに登場!だけでドキドキしたんですが、最初からじゃねえ。
そんなこんなで、自然と買わなくなりました。

 今回久しぶりに買いましたが、いきなり買うのもためらいがあり、神田の神保町でバックナンバーを買いました。神保町で雑誌買うのも久しぶりだなあ。
今は、雑誌が透明なシールで綴じてあって、中が見られないんですね。
 買って見ていざ中身開いて見たら、「クリーム」はまだクリームらしさが残っていたけど、「ホイップ」は完全にヌード雑誌になっていました。

◆ぱっくり開脚ヌード 長谷川陽子◆きわどいビキニでドッキドキ 朝倉愛理◆ぷにマン完全まる見え 森村はるか 平山たかね◆スケベ告白オタク娘 恋野恋◆2005年6月27日発売


やっぱりお菓子系雑誌は買うこと無さそう。
スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
トップ> お菓子系雑誌お菓子系雑誌「クリーム」「ホイップ」久しぶりに買って見たが・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokusekimoso.blog28.fc2.com/tb.php/34-47660b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。