U-15、ジュニアアイドルとお菓子系雑誌と萌えとオタクの話題とB級ニュースの感想、身辺雑事をつづります。 ECPATが出てきたか・・・

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップ> スポンサー広告『さくらっ娘学園』と『ぴゅあもえ』U-15ブームにのっかってまた雑誌創刊!
.
 6/28に発売されたU-15ジュニアアイドル雑誌2冊『さくらっ娘学園』と『ぴゅあもえ簡単に感想済まします。

『さくらっ娘学園』表紙が高井みほちゃんって、すでに中学生じゃないぞ!しかもU-15でもないぞ! 
とはいえ、苦労の甲斐あって表紙に抜擢されたんだからよしとしますか。たとえ半乳のポーズでも。巨乳で勝負する子の宿命ですね。売れてきてさえしまえば、服が着られるから。
 一応、中学生オンリーにしてるみたい。「Chu→Boh」のパクリですか。
 誌名の『さくらっ娘学園』というのは、どうもアダルトムックか風俗店のようであまり好きにはなれません。
「桜っ子学園」だと、菅野美穂、持田真樹、胡桃沢ひろ子、井上晴美、 中谷美紀、 加藤紀子、中條かな子、星野麻衣子あたりが載ってそうでむしろそっちがいいかも。あ、でも『すっぴん』とかぶっちゃうか。

ぴゅあもえこっちは小学生なんで、「Sho→Boh」のパクリですね。
なにより、もっと誌名にオリジナリティ無かったのか?
「Pure Pure」と「ピュア☆カワ」と「moecco」の先行組から、「ピュア」と「もえ」を頂いて、くっつけてみました、みたいな安易なネーミングですこと。でも表紙と巻頭の黒田愛姫ちゃんはかわいいです。
 掘内美月ちゃんもいるし、決して出ている女の子は悪くないんです。
まあどうしても中学生より小学生だと評価が甘くなってしまうんですが。

『さくらっ娘学園』と『ぴゅあもえ』

 どっちも、いかにもU-15ジュニアアイドルブームにのっかって作ってみました、って感じでもういちいち感想書くの面倒くさくなったきた。
先行組「Pure Pure」「Chu→Boh」「Sho→Boh」と、後発組「moecco」「ピュア☆カワ」「モバイルアイドル いもうとスマイルまではいいとして、『さくらっ娘学園』と『ぴゅあもえ』、DVDキャプチャー画像多すぎ。なので画像悪いこと悪いこと。半分は撮りおろしにしろとは言わないまでも、1600円出すこっちの身にもなってくださいよ!

 U-15ジュニアアイドルブームだから、雑誌出せば買う層が必ずいるだろうと足元見られているようで、いやな感じ。
お菓子系雑誌のブーム時よりひどいや。てゆうか粗製濫造?
とりあえず、数人撮影してあとはDVD取り上げておけばいいいぞ、という姿勢が見えてしまうと・・・

 全く雑誌新刊されたからといって安易にホイホイ飛びつく馬鹿がいるからダメなんだ。はい、自分に対して言っています。
というか欲望にブレーキかけるとか、一呼吸おく、自制する習慣を身に着けないと、ダメだな。このままじゃ、単なるU-15・ジュニアアイドルバカだ。

 「にじいき」読んでみたら、ラノベ(ライトノベル)ブームをめぐる状況が書いてあり、どことなくU-15ジュニアアイドル雑誌の状況と似てるので引用です。
 現在ラノベ界は
・2006年には8つの出版社がラノベレーベル立ち上げを予定している。
・「悪貨は良貨を駆逐する」ということで、ラノベ界の衰退にリンクする。
・10年後には半分になっているのは明らかだ。
・「出るものは出るし、残るものは残る」
・「ちょっと売れると各社がどーと参入してきて、粗製乱造で市場を枯らしちゃうってのが出版界のあしき習慣」

 そうなんですよねえ。かつてのアイドル雑誌、B5版のカメラ小僧雑誌。見事に消えました。買ってはいたものの、アイドルにファンタジーを求める僕には、シニカルにアイドルを取り上げるスタイルに常に違和感を覚えていました。
 どうも愛情が感じられない、斜に構えてアイドルを分析、「お前らいい年してアイドルに夢中なんて馬鹿じゃないの!? アイドルなんてしょせん、空想の欲望の対象なんだぜ!」という空気が満ち満ちていながら、インタビューしていたりして、まさにアイドルの「偶像性」をひたすら引き剥がすのが目的じゃないか、食いつぶしているだけじゃないか。
 そうしたら「投稿写真」見事になくなりました。あんな雑誌無くなって大正解です。
いいじゃないの。アイドルにファンタジー求めても。アイドルゴシップ追求雑誌は、下世話で好きになれない。

 お菓子系雑誌から発展、というか純化したようなグラビア誌、U-18でヌードなし、「スピカ」いい流れだと思ったのに持ちませんでした。まだ10代のころの小倉優子ちゃんが出ていました。どうしても過激路線のほうが売れるからか・・・

このままわけのわからない質が低い雑誌がどんどん増えていくと、U-15グラビア誌もお菓子系雑誌の二の舞になりそうで・・・

 一番まずい展開、かつありそうなのが、過激化です。いくらU-15ブームとはいえ、コアユーザーの数は決まっているし、すでに先発雑誌が何誌も出ている中に食い込むにはどうすればいいか?
 そりゃあ雑誌でたら、出るだけ買ってしまう馬鹿な読者もいますけどど(はい、すいません、僕です。考えないオタクです)大概は、買う価値があるか選択します。

 U-15ジュニアアイドル雑誌といえども、みんなわかってはいるけどおおっぴらに口にするのはやめておこう、と暗黙の了解になっている
テーマ、はしたないし、そういうのはみんなわかっていて知らない振りしているんだし、本音を言うこととデリカシーがないことは違うよ。

 前振りが長いですね。ここまで前振りしないと書けないんだもの。それは、小中学生のジュニアアイドルグラビア雑誌に、どこまで「エロチシズム」を盛り込むか。

「エロけりゃエロいほどいいじゃん」

 そうじゃない、というか、中学生はともかく小学生のグラビア雑誌に関しては、いくら慎重になりすぎてもかまわないと思いますよ。
 もちろん、児童ポルノ禁止法案との絡みもありますし、何より「世間の空気」というのは馬鹿にできない。「良識派・健全な意識・保護者の観点・視点」なんてものがあっさり世論を動かしたりするもんです。
 あー怖い怖い。少なくとも、「小学生の水着が見たい!見たい!見たい!」なんていう意見は、大声で世間に対してアピールするような意見ではありませんし、主流派になるような意見でもありません。
 アキバ界隈・ネット界隈の空気と実社会の空気は違う空気です。

 話戻しますと、U-15グラビア雑誌の後発がすでに市場が出来ているところに参入するのはそう簡単ではないので、差別化するのに「過激化路線」使われることを憂慮しています。
 「ピュアピュア」は清純派路線?というより少女でも大物多いし、「Cyu→Boh・Sho→Boh」はすでにポジション固めているので安泰。
moecco」「ピュア☆カワ」は、それぞれタスクオフィスワナップのタレントを優先的に使う。
 さあ、どこにも入れないような小さな事務所はどうするか? そこにU-15ジュニアアイドルグラビア雑誌(長い!)に入り込みたい出版界と利益が一致しました。

「ほかと同じことやっても売れないよねえ」
「じゃあここまでやってみますか」
    ↓
「おいおいおいおい!ここまで小学生にやらせているぞ!」
    ↓
「なんですか!これはやりすぎでしょう!」
    ↓
「こういう雑誌やDVDが売られている現状をどう思いますか?」
    ↓
「表現の自由との絡みもありますが、個人的にはいかがなものか、と思います」  
    ↓
「自主規制しました」

何度も何度も見てきたような流れです。特に、ペドファイル・小児性愛者による事件が起きると、まずい。

U-15ブームはブームで大歓迎ですけど、もうちょっと楽しみたいので、暴発だけはやめてくださいね。


追記:検索機能でいろいろアイドルファンサイト行って見ると、やっぱりというか、ハロプロファン関連サイトに行き着くことが圧倒的に多いですよ。だけど、U-15ブームというとき、ハロプロ系はまったく触れられないんですよね。U-15ジュニアアイドルブーム、ただしハロプロは除く、というルールでもあるんですかね?
 「ぴゅあもえ」で検索したらでてきた、ちっちゃいこ雑誌 ここのサイトの管理人さんもハロプロファンさん。
 なんだかんだいって、女性アイドル界のトップ勢力というか、今だに、最大派閥ですよ。ハロー!プロジェクトは。


ブログランキングに参加してみました。ポッチポチしてくれると「さくらっ娘学園」と「ぴゅあもえ」がもっと売れるかも。


スポンサーサイト
テーマ→U-15アイドル / ジャンル→アイドル・芸能
トップ> U-15グラビア雑誌『さくらっ娘学園』と『ぴゅあもえ』U-15ブームにのっかってまた雑誌創刊!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sokusekimoso.blog28.fc2.com/tb.php/49-dab54676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。